ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その33 -

<<   作成日時 : 2017/05/14 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

冷静に考えると、ナンバリングすごいことになってる・・・。

いつになったら終わるんだろう。作ってる当人が一番心配です。
ほんとに時間かかりますが、デカールを貼るのが終わったので
だいぶ終わりに近づいているのは確か。

確かなんですけど、まだまだやる事は多いです。


しかも忘れてた工程もあるので、時間かかり放題なのですが
ここから先は


墨入れ
デカール後処理
研ぎ出し用クリア塗装(砂吹き)
研ぎ出し用クリア塗装(メイン)
研ぎ出し
艶消しクリア(トップコート)
組み立て
完成


という手順を想定しています。



忘れてたのは、デカール後処理。

これをちゃんとやらないともったいないですね。



ってことで、今回は墨入れとデカール後処理です。


墨入れは今回しないのですが、段差モールドをあえて用意した箇所があるので
ここだけ墨入れを施します。


段差モールドに墨入れする場合は
あらかじめ、用意した段差モールドの境界部分をしっかりスジ彫りしておく。

で、墨入れそのものは、このスジに施します。

こうすると、黒などで塗りたい箇所があまりはみ出ないようにすることができるので
境界線が綺麗に仕上がります。

なので、境界線にすること前提であれば、太目のスジにしてあげると
後工程が楽になります。0.2〜0.3mmとかでスジを作ると扱いやすいです。

分かりにくいので絵にすると

画像


こういうことが言いたい。

墨入れ時はエナメル塗装。
筆でいいですね。


段差モールドを用意した箇所は3か所。

バックパックのスラスターと、ファンネルコンテナ*2です。


画像


まずはスラスター。
継ぎ目をこうして、段差モールド+墨入れで接合部分を誤魔化しています。

両端(全体でいう前後)は別パーツで見えなくなるので、少しはみ出てても問題なし。

画像


もう一つはファンネルコンテナのここ。
元々段差モールドなんですけど、曖昧過ぎるので、しっかりと彫りなおして用意しています。

そういう意味では、ここも継ぎ目になりますね。


どちらも別パーツを間に挟んだ上で継ぎ目けしとなるので
塗装後組み立てて、マスキングして継ぎ目けし→再塗装とするか
こうして段差モールドに仕上げるかですけど

この手のパーツって大体長いパーツで、継ぎ目を消しても綺麗にならなかったりするんで
段差モールドにした方がいいケースが多いです。


再塗装の面倒さを考えても、段差モールドのほうが個人的には楽です。


MGで綺麗にパコっとはめることができないなら
それは、物理的にガンダム作ったとしても、綺麗にはめることができない箇所だと思うんで
むしろ継ぎ目消しをするほうが、異例じゃないかな。


下側はバックパックとのジョイントで隠れるので
上をカバーできれば、目立たないかなと思います。


今回は、墨入れせずに、スジを深堀りして表現しようとしているので
この墨入れは反則といえば反則なんですけどね。


墨入れおしまい。


次はデカール後処理です。



といっても、特別なことをするわけではなく
マークセッターなどの糊成分が、どうしてもデカール周囲に残り
これが水垢のような、変な汚れとして残ってしまいます。


これ、クリアを吹けば消えるとあるんですけど
そんなことはなく、消えないです。
非常に汚いので、綺麗にしておきたい。



ところが、この糊成分。水拭きとかでは早々消えない。
木工用ボンドを薄めたみたいのをばら撒いてるので
この糊自体が被膜を作り上げちゃうので、水程度では弾き返しちゃいます。

かといって、力を入れても消えるわけでもない。
非常にガンコな汚れとして存在しちゃいます。


これを解決する方法は色々ありそうですが
私はこちら。

画像


なんだか逆説的な感じもしますが
マークソフターを使います。


これをトレイとかに出して、綿棒に少し浸して
軽くスーッとふき取るだけで、簡単に綺麗になります。
水ではまず無理なのに、驚くような簡単さで綺麗になります。

ただし、デカールに触れると、デカールがふにゃるので
なるべくデカールには触れないようにしたいのと
乾燥した後じゃないとダメなので、デカールが乾燥したタイミングで作業します。

なので、1日経過くらいを待ってですね。



軽くふいたら、綿棒の逆側でマークソフターの水分をふき取って仕上げです。


マークソフターはデカールをふにゃらせる。
デカールもある意味糊成分の集まりなので
マークソフターは糊部分を破壊するんでしょうかね。

とすると、マークセッターってどうやってできてるんだろう・・・。
って思いますが



なんにせよ、びっくりするほど簡単に綺麗になるので
全デカールの周囲をさっとふき取っていきます。

これはこれで大変なんですけどね・・・。



ただし

マークソフターとマークセッターを常にセットで使っていること前提かもなので
全てに当てはまるわけじゃないかもしれません。
私はこの組み合わせでしか使わないのでよくわからず・・・。


画像


写真だとわかりづらいなぁ・・・。
恒例のシールドですけど

ふき取った後です。

特に、接地面に直接マークセッターを塗った場合
糊成分が拡散しやすいので、大きめなデカールであればあるほど
周囲が汚れてると思います。

画像


これすらもわかりにくい・・・。


アムロのパーソナルマークや、ロンドベルマーク付近が非常に汚かったんです。
これはどうやっても汚くなりますね。

光沢だとこの汚れがさらに目立つので、綺麗にしたほうが完成度は上がると思います。


逆にいうと、写真ではわかりにくいので
気にしない!というのもひとつの手です。工数削減にはなります。


乾燥前に拭うことで、最小限にすることも可能ですけど
拭う段階で糊が残ったりして、結局汚くなるので
乾燥させて、あとで綺麗にすることを選んだ方が、精神的にも効率面でもいいと思います。


あと、ソフターを使っちゃってるので
多少なりとデカールに触れるため、若干ふにゃります。

密着度があがっていいことなんですけど
デカールが弱まってることを意味するので、この作業後は、少し時間をおかないと
砂吹きに移れない。


タイミング的にはよかったのかもですね。



乾燥さえ終われば、やっと研ぎ出しですねぇ。




なお、これだけだと微妙なので、研ぎ出しですけど
最後のフィニッシュを艶消しとする場合は、3フェーズです。

1フェーズ目:砂吹き→1日以上置いて乾燥
2フェーズ目:本塗装→最低1週間以上置いて乾燥
3フェーズ目:やすり掛け

という流れです。


この時、ラッカー系で行く場合、溶剤は通常のシンナーでいいです。
ラピッドでもレベリングでもなく、普通のでいい。
希釈も通常と変わらないですね。


次に、砂吹きは、20cm以上離して、1ストローク後10分以上乾燥させて、再び1ストローク。
というのを3回くらい繰り返す。付着具合によります。
この場合なら3層作るイメージです。


デカールへのダメージを最小限にしつつ、クリア層を作ることが目的です。

その後、しっかりと乾燥させないと、デカールへのダメージが最小限にならない。


次の本塗装は、今度は接近させてウェット状態で吹いていく。
5〜10cmくらいですかね。


ここでは、2ストローク吹き付けて、その後1〜2時間くらい置いて、また2ストローク
状況次第ですけど、3回くらいやればどうにかなるので
合計6層のクリア層になる。砂吹きも入れると9層ですね。


ここでは、やすり掛けするための層を作るのが目的なので
デカールと接地面との境界付近にもしっかりと吹き付けないと意味がない。


その後の乾燥は、ほんとは1週間では足りない。
というのも、クリアが完全乾燥するのに、数週間かかる。
クリアはゆっくりとヒケていくので、1週間後に作業してOKでも、2週間後にヒケて段差が出てきたりする。
これが困りものなんですよね・・・。



とはいえ、1週間あればそれなりに乾燥してくれるので
まあいいかなって感じです。


鏡面加工の時はそうはいかないので
(しっかり段差を消しきりたいので)
確実に乾燥したあとですかね。


最後の加工をどうするかで決まると思います。



この工程もしんどいんですよねぇ。
緊張する。



まあ、最後のトップコートよりはマシですが・・・。




○今日の気になる事
クールビズ28度設定は、なんとなく。

まあでも、なんとなくでもいいじゃないですか。
温度が何度かが目的じゃなくて、節電が目的なわけで
別に何度でもいいですよ。

28度なら、そんなに冷房かけまくるってこともないだろうし
いいんじゃないんですかね。
正直寒いですからね・・・。


科学的根拠とか、正直この場合はどうでもいいと思うんだよね。

節電しよう!が目的なんだし。


何をそんなに噛みついてるんだろうか。
むしろ、節電しようって要素が最近薄れてる。
こっちにかみつくべきだと思うんだけど。

東日本大震災の直後、輪番停電だのあって
夏はライトなどを半分にしようとか、色々節電しようと動いたのに
今じゃそんなの見ることもなく、冷房くらいじゃないですか。


あの時は電気量減らすのが・・・。
とか言うかもですけど
本来、CO2排出量を下げるとか、長期的、経常的目標があるわけで
節電できる要素があるなら、どんどんやるべきなんですよね。

なんで、ライト減らすのやめたんだろう。
減ってもさほど困らないし、減らす方向でよかったじゃないですか。
LEDに切り替わったし、ますます減るよね。個人的には明るすぎるので、減らしていいと思うんだけど。


マスコミも含めて、最近は言葉狩りに近い動きをしてますが
だから何だよ。って事案が多いんじゃないかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その33 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる