ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS オフゲ - GRAVITY DAZE 2 その6 -

<<   作成日時 : 2017/05/15 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結構あっという間でした。プラチナトロフィーまで終わってます。

最後は、育成終了と、必殺技系を片付けて
最後のストーリーを終わらせることでした。

画像


育成に関しては、プレシャスジェムがかなり必要なので
EP18をリプレイするのが手っ取り早いですね。

グラビティ・フェリン状態になったら、セーブアンドロードすると
後ろ側にプレシャスジェムが復活するので
取りに戻って、またセーブアンドロードを繰り返すとまた復活する。
この繰り返しで、どかどか稼げますね。

街にあるプレシャスジェムだけでもきついし
採掘するのもかなりしんどいので、EP18繰り返しが精神衛生上いいと思います。


ダスティトークン集めってことで、採掘とかトレジャーとかでもいいですけどね。


前作もでしたが、トロフィーは
それぞれ主要キャラクター達のポスターのようなトロフィーですね。


あとは必殺技系ですけど
これは、サイドミッションの、悪魔のようなあなた。
敵が次から次へとわんさか登場するので、ここで成立させやすい。

ルーナとユピトールは、それぞれチャージで打ち込む必要があります。
アンチューンの必殺技は10人と非常に多いので
船が2艘やってくるようなタイミング+効果時間をできる限り伸ばしてあげれば
1回のミッションで3つ達成できる。

画像


まずはルーナチューンのグラブ系。
グラブ系、人も弾丸として捕まえちゃうので、弾丸には全く困らないという
なかなかひどいことをします・・・。

機動兵器を退治するのも、人を弾丸代わりにして当てていくというひどさ。


画像


こちらはユピトールチューンのグラブ。
3体同時なので、結構簡単です。

画像


最後はアンチューンの必殺技ですね。
個人的にはこれ好きです。

二刀流に高さ2倍のジャンプ、回転3倍で1200万パワーをたたき出すというトンデモ理論。
それを体現して光の矢となったあの人のようです。


これで、残りはストーリークリアのみ。


ということで、一気に最後のエピソードを終わらせて

画像

画像


プラチナトロフィーです。


個人的感想としては、プレイしてよかったなー。
って思えた久々のゲームだったのですが


最後のシナリオは急展開過ぎて、感情移入その他をしている暇がない。
なんだこれ?ってなる要素も多いですね。

特に、最後の最後。
なんで???っていう結末に向かうので
これは納得できないですね。
あまりにも急展開で怒涛のシナリオの中で
いきなり、そんなこと言われても・・・。という非常に切ない状態で
突然ああなるので、これはやめて欲しい。


ただ、最後のシナリオで、最大の謎である
キトゥンは誰なのか?というのと、ダスティは?という謎は解けます。

前作からのサブタイトルの通りなシナリオなので
これはこれでいいんですけど、まだ謎も残ってる。


まずは、キトゥンとクロウの関係性。
結局よくわからず。
キトゥンの正体と、ダスティの正体から考えると
クロウの存在はますます謎です。


もうひとつは、ジルガ・パラ・ラオの存在

最後のシナリオは、ヘキサヴィル中心の話なので
ジルガ・パラ・ラオは置いていかれてます。

せっかく2で登場したのに、最後放置されてるのはいかがなものか。
しかも、亜空間に存在してたジルガ・パラ・ラオ。
これがヘキサヴィル側の空間に飛び出してきたわけで、世界観がぶっ壊れてます。



個人的には、キトゥンは幸せになるべきだと思うのですが
エンディングの流れからして、どうにでもなる最後なものの
演出からすると、そうでもないんですよねぇ・・・。


まあ、なんにしても
全体を通して、よくできてるゲームだと思います。

ストーリーを楽しむというよりは
キトゥンの生活っぷりを楽しむゲームだと思うので
次回作がもし出るのであれば、そうした要素もあるといいかもですね。


なんでも、GRAVITY DAZE2のCMが賞を取ったんだとか。
これを機にやってみようかなって方もいるかもですね。

オンライン要素があれば楽しいですが
なくても普通にプレイできるので気にしなくていいのもうれしい。

だけど、前作はやった方がいいです。
やらないと、なんだかさっぱりわからないので・・・。
(やってても時間が経ちすぎて、覚えてない。)


とりあえず、終わったー。


さあ次はなんだ。



○今日の気になる事
ランサムウェアが猛威をふるってるようです。

でも、このランサムウェア、SMBv1に反応するので
これ、相当古い資産ですよね。


SMBとCIFSといえば、Windows2000とかWindowsNTとかって時代です。


まだ使ってるの・・・?
ってレベルですが、多く引っかかってるようです。


アメリカは大丈夫だけど、ヨーロッパとアジアはダメだな。
みたいな分析してる人いたけど
それ、アメリカ以外ダメじゃん。みたいな話ですね。


アメリカは逆に、運用してる人たちの命削ってでも
無理やりアップデートさせまくってる結果でしかないと思うんだけどな。
これを、対策してます。とか言うんだから、滑稽以外の何物でもない。

何でもかんでも新しくすりゃいいという、合理的な結果かもですが
それを運用している人々が、どれほど苦労してるとか度外視でしょうね。



SMBv1は、上記に書いたようなバージョンなので
v2なりv3なりに切り替えればいいです。

Windows2012R2とWindows8,.1の場合、SMBは3.02で対応できます。
少し落としたとしても、SMBv2で十分可能なので、v1を使う理由がない。

しかも、この脆弱性は随分前から言われていたし
WindowsUpdateで脆弱性を更新していたりするにもかかわらず
何もしなかった方が、今回のケースでは悪い。と言わざるを得ない。

想定できたリスクです。


これをリスクヘッジとして、アップデートなり、SMBv1を無効化なりしなかったわけで
MSさんを今回は咎めることもできないですね。
やることはやってますからね。


うちのサーバーは、デフォルトでSMB1.0/CIFSは有効になっているので
導入時にあえて削除してあります。
要らないので。

特に何もしなくとも、SMBv2やv3が動いてくれるので、あまり意識しなくてもいいものです。
もし、SMBv1が有効になっているようなら、無効にすることをお勧めします。


問題はNASとかなんですよね。
なぜかSMBv1しかダメってやつもあるので・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オフゲ - GRAVITY DAZE 2 その6 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる