ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その26 -

<<   作成日時 : 2017/05/02 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

白塗装の続きです。大きめな場所は終わったので、塗りやすい。

でも塗料の消費が本気で激しいので
80mlは覚悟ですね・・・。

こうなると、GXを買ってきても2本まるまる消費することに。
塗料だけでもいい値段しますねぇ。


プラモデルって、子供向けにも思えるんですけど
塗装などまで含めると、実は大人の嗜みなんですよね。


塗装を本格的にやり始めると、初期投資がかなりひどいので
これを揃えるだけで、大人じゃないときつい。

工作道具も気にすると、これですら数万は軽く吹き飛びます。


さらに、ランニングである、塗料も積み重なるといい値段します。
キムワイプ的なティッシュなどもバンバン使うし
ヤスリだって何種類も使います。
綿棒その他も、高級なものを選ぶので、必然的に高くなります。


ここにさらに、メタルパーツなどに手を出し始めると
一つ作り上げるだけで、数万規模になっていくので
とても子供が気軽に遊ぶようなものじゃなくなります。


結構バカにできない金額ですよね。


大人だとしても、ある程度自由に使えるお金がないときついし
作業スペースなども考慮すると、どこでもできるわけでもない。


素組で満足できるなら、その方がいい。
ここに墨入れするだけでも、だいぶ違いますからね。
部分塗装としてガンダムマーカーを使うだけでも、十分いいと思います。
トップコートで最後仕上げれば、下手に塗装するよりも綺麗です。

MGであれば、部分塗装もかなり局所的なので
墨入れとトップコートだけでも、十分な仕上がりです。


それ以上やるとなると、勇気を持った一歩を踏み出す必要があります。



雑誌とかでは、手軽にできるぜ!
的なことを書いてあったりしますけど、嘘です。
数十万規模の趣味が手軽とは到底思えません。


しかも、初期投資だけでいいわけじゃない。
その後もずっと、お金がかかるものです。



なので、今やってることは、あんまり万人向けではないんだろうな。
って思うんですけども、何かの参考になれば・・・。



さて、白塗装の続きです。


画像


まずは足です。

腿の一部に突起ができてしまったんで、ちょっと削らないとですね・・・。


まあ、白は今回混色していないので
エッジが逝った場合でも、再塗装すればなんとかなるんですけども。


画像


もう一方の足。
砂吹きっぽくはしてますけど、光沢塗料なので
光にあてると、綺麗に輝きますね。

足部分はパーツが大きめですけど
入り組んでるパーツでもあるので、丁寧に吹く必要がありますね。

画像


続いて頭です。

頭パーツは気を使うパーツの中でも、とりわけですかね。
特にガンダムフェイスの場合、アンテナが大きな意匠になるので
これが一番気を使いますねぇ。

艶消しとかトップコート時も、かなり気を使う場所です。


画像


最近ようやくピントを手動で合わせるというテクニックを覚え
(カメラテクニックほんとにないんです・・・。)
アンテナを撮ってみました。


このエッジの集まりは、ほんとに緊張する。
エッジが綺麗なので、厚塗りにならないようにしつつも
しっかりと白を乗せないといけないので、一番しんどい気がする・・・。


今回エッジをしっかりと用意したので
ここで失敗はしたくない。

画像


脚パーツの一方。
膝とバーニア部分は、裏面もあるので注意ですね。

画像


もう片方。

ふくらはぎパーツは、青と白のコントラストで表現されるので
気合いれて綺麗にしたい場所ですね。

このHi-νガンダム Ver.Kaは、ここが売りですからね。


画像


続いて左腕です。
シールドマウント部分が大きいですけど、以外は特筆すべきところは少ないかなぁ・・・。
塗りやすいパーツですね。

画像


肩の可動式スラスターですけど
ここのエッジが特徴的なんですよね。

特に加工せずとも、非常に綺麗なエッジになってる。
逆に、こことの連結部分は綺麗にしないと、ここだけ浮き上がっちゃうんで
トータルバランスが大事になってきますね。

画像


右腕。ここも特筆すべきところは少ない。
ガトリングは別色なので、ここでは入れていません。

画像


腰部。一個一個でかいのと、アーマー系は裏面もしっかり塗っておきたいので
注意が必要な部分ですね。

白塗装も結構きつい部分です。

特にホコリ。やつはほんとにムカつく・・・。

画像


最後は胴体部分。

ここは青と白に、黄色など騒がしい部位ですね。


立体感もありますけど、ガンダム系の胴体って、みんなよく似てますよね。

画像


味をしめてピント合わせたら失敗した図。

うーむ・・・。うまくいかない。

この胸だけ、スリットなんですよね。
中途半端すぎる。

スリットが解放状態がデフォルトではないとすると
胸の黄色部分が非常に中途半端。

スリットチラ見がデフォルトだとすると、黄色部分は悪くないんだけど
スリット状態が意味不明だし。


ここは何がしたかったんでしょうね。
たぶん組み立て後も、疑問のままだと思う・・・。


画像



コクピットハッチ。
一番出っ張った部分なので、一番最初に目が行く場所ですかね。
鋭角と曲線が混じった部位。

この形状は、1stガンダムと通ずるものがありますね。

個人的には、コアファイター(コアブロックシステム)をνガンダムで採用してほしかったなぁ。
と思うんですけど、贅沢な悩みですかね。


コアファイター!
Aパーツ!
Bパーツ!

合体!!

という、無理やり感が大好き。


テレビ版では、ドッキングの練習をしているシーンもありましたね。

その後、Gファイターという、ご都合主義的なパーツが登場し
セイラさん大活躍シーンが生まれ
シールドが二重に合体して違和感ないという、とんでも理論に発展後
Gブルとか、どんどんわけわからん利用が生まれては消え

だけど、結局殆ど分離することなく最終話まで行ったと思ったら

最後の最後にコアファイターが大活躍。

ガンダムって、ニュータイプ云々というよりは
人々の心が一つになったとき、奇跡が生まれる。
という物語なので、その奇跡を演出したコアファイターは、特に印象にあるんですよね。


その中心がニュータイプであり、アムロ、カミーユ、ジュドーは
ニュータイプの奇跡を起こした中心人物たちですね。


アムロとシャアによる、アクシズでの最後の決戦時
アムロが放つ一言は、この奇跡を指してると思ってます。
彼自身、人の心を一つにし、奇跡を起こした人物ですからね。


そして、ララァの言葉、Beyond The Time と続きますけど
映画までだと、シャアが最終的には救われて
妹大好きってことがよくわかるんですけど

アムロは?

ってなるわけじゃないですか。

そこで、アムロへの救いとして、ベルトーチカ・チルドレンがあるのかな。
って思ってます。

かわいい奥さん、そしてかわいい子供。
パーパ頑張る。というストーリーですけど
アムロがただの戦争の道具ではないって描写が好きです。


そんなアムロの愛機が、Hi-νガンダムなわけで
思い入れも大きいんですよねぇ。



とまあ、派手に脱線してますけど
これで白塗装終わりです。

全体的に、凸凹部分は均して、必要に応じて再塗装しますが
そこまでこまめに磨かなくても大丈夫そうです。


で、次は青系を塗装しようと思います。
青は、少し色を混ぜて用意しました。

画像


こんな感じにしました。

全部GX系ですけど

スージーブルーを基本として、白で彩度を少し落としつつ、明度を少し上げる。
あとは、緑で微調整して、最後に補色に近いピンク、ただしクリアピンクで仕上げました。
補色系を混ぜることで、パステル系に近づきますけど
色を混ぜ合わせすぎると、今度は明度が下がって暗くなってしまうので
クリアや白などで明度調整をしないとダメですね。

あまりパステル調にしてしまうと、今度はやたらと淡い感じになってしまい
中心色が白だから、全体的にもやっとした感じになってしまうので
インパクトのある色味にもしたい。


これがまた難しいんですよねぇ。


画像


白っぽいものと対比。
多少突き抜けた感じの青になったかな。

元々のパーツ成形色より、鮮やかな感じにはなったかなぁと思っています。
塗布してみないとですけど。





40ml以上作ってあります。

下地は30ml程度でしたが、予備も含めると40mlは絶対に使う気がします・・・。
これを再調合するなんて、無理!

無理です・・・。



これで塗りきらないといけないので

もったいないおばけを登場させるしかない。



白は塗ったかなんなのかよくわからないので
結構ぶちかますことになりましたが
青は、少し絞って、量を気にしながら塗らないとですね・・・。


ちなみに、予定はこうです。

5/02 白(完了)
5/03 青
5/04 青・黒
5/05 黒・その他
5/06 デカール用表面処理・デカール
5/07 デカール

5/13 砂吹き
5/14 クリア

5/20 研ぎ出し
5/21 トップコート

5/27 組み立て
5/28 組み立て


5月中に完成したら御の字。
という予定です。


しっかし、この塗料量
トップコート足りるか不安になってきた・・・。



○今日の気になる事
また病院に車が突っ込んだ。

意図してやったわけじゃないかもだけど
もう責任とかそういう類の問題で片付かないよね。

運転しちゃだめだろ・・・。
って言いたいけど

運転しないと生活できない場所って結構あるもんです。
地方なら特に。


だからこそ、日本は高齢化が進んでるんだから
車の要らない社会っていうのを組成しないとダメなんじゃないのかなって。


車が不要な場所に引っ越すっていうのも手ですよね。
私はそうしました。

車を運転しないという選択ができればいいでしょうけど
車がないと、病院にも満足に行けない。
っていう人が多い中で、大半できないわけですよね。


車に新機能を用意するのも大事なんでしょうけど
それを「買わなきゃいけない」んですよね。


買えない人どーすんの。
そんなに不要だ!って頑なな人どーすんの。

問題に直面してる層に対して、モノ買って解決させればっていう方向性は
ちょっと微妙に思ってます。

じゃあ運転するな。
これも無理。運転しないとどうにもならん事実がある。

であれば、運転をせずともなんとかなる。
っていう状況を作るって選択肢になるはず。


これはこれで、難しいよね。

3世帯とか、そんな感じならまだしも
核家族化してる昨今では、これもまた難しい。
福祉を充実させてとか言っても、福祉に従事する人がいなかれば成立すらしない。
お金渡せばなんでもやってくれる。なんて思ってるんであれば、筋違いにもほどがある。

保育士が増えないってのも、そんなきつい仕事誰がやるかよ。
って思うからですよね。
介護とか福祉だってしんどいですよ・・・。
給料上げたらやってくれる。とかそんな単純な問題でもない。


今後も、病院突っ込むとか、こういう事態が増えるんでしょうね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その26 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる