ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その28 -

<<   作成日時 : 2017/05/04 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次は内部メカの塗装です。内部はいろんな色が考えられますね。

多くはグレー系じゃないかなと思います。
切り出した金属に、耐久性を上げるためにコーティングしてると考えるのが自然。

錆止めでコーティングしてあるということで、ブラウンもありでしょうか。

鉄むき出しってことで、アイアン系とかチタン系でメタリック塗装もいいですよね。


ガンダムの場合、Z以降であればムーバブルフレームになると思うので
強度も重要だろうし、錆とかも意識するだろうから、何かしらコーティングされてると思われます。

地上戦とか、水中戦も想定するだろうから
粉塵とか、水分に強いものを用意するだろうし。

コクピットをプールにするという無茶をする人もいますからね。
(プルプルプルプル〜)

が、宇宙専用機ってことだと、あんまりコーティングってしないかもですね。



まさに好み!


あれこれ色を考えるのも楽しいですが
全体バランスとして色を考えてもいいと思うんですけど
今回は、黒で仕上げていきます。

白黒のハイコントラストになるので
見栄えはよくなるかな。
νガンダムのハイコントラストがやっぱり好きです。

フレーム黒って結構多いですからね。
車とかも、フレームは黒いものが多い。
むき出しパーツもあるにはありますが、コーティングするときは黒っていうのが多いかな?
塗装時に、黒だとはっきりと視認できるので、塗ったかどうか一目瞭然ですからね。

汚れが目立ちにくいっていう利点もあると思います。



基本色は決まりましたが
今回のHi-νガンダムは、少しだけ解釈を加えています。

νガンダムやサザビーなど、0093に登場したMSは
サイコフレームが搭載されています。

大型だったサイコミュが、キュベレイにて小型化したものが実戦配備され
さらに、フレームに入れ込む技術にまで発展したのが、サイコフレームですね。

ところが、νガンダムは急ごしらえなのもあり、コクピット周りだけサイコフレームです。

ずっとリ・ガズィで頑張ってたアムロでしたが、情報横流しで得たサイコフレームを使い
チェーンが完成させたのが、νガンダム。
ただ、謎な素材であることは依然として変わらないので、コクピットにだけ用意できた。
という理屈になっています。

ベルトーチカ・チルドレンでは、鹵獲したサイコドーガから
サイコフレームを剥がしてくっつけちゃったという、かなり無茶をしてます。


これを、完全版に仕上げて
全フレームにサイコフレームを採用した機体が、ユニコーンガンダムやバンシィ。
通常のサイコフレームと区分けするために、フルサイコフレームと表現してます。


しかも、通常のMSでは耐えきれないビームマグナムも
フルサイコフレームのユニコーンなら、耐えられる。
これは、フルサイコフレームの剛軟性を表現したものと思いますが
サイコミュを混ぜ混ぜするだけで、かなりすごい合金が誕生したってことですね。


実に後付けっぽい設定なので、ユニコーンもちょっと辟易してるのですが・・・。


こんな素晴らしい合金を、νガンダムが全身で使ったら?
という妄想のもと

νガンダムの設計思想を元に、よりワンランク上のMSがHi-νガンダム。
っていうのが、最近の設定なので
(本来、νもHi-νも同時期リリースなので、そんな設定ではないのですが)


じゃあ、Hi-νガンダムもフルサイコフレームだったら?
っていうところに行き着く。


サイコフレームなので、パイロットに反応して、発光するはずなんですよね。
全フレームが。

なので


基本は黒で仕上げるとして
サイコフレームに共鳴した色を少し入れて
なおかつ、合金っぽくしてみる。


合金っぽいっていうのは、よくやるんですけど
通常の黒などに、スーパーメタリックなど、金属粉を混ぜて
金属っぽい感じをチラ見させる感じです。

ここに、サイコフレームっぽい輝きってことで
アムロカラーである、緑を混ぜてみました。


画像


通常の黒塗料に、今回はスーパーチタンと、クリアグリーンを混ぜて
スーパーチタン用に、レベリングシンナーで希釈してみました。

チタンはブラウンっぽいカラーですね。
ガンダリウム合金って、元々はルナチタニウムなので
チタンっぽい色があってもおかしくはないかなと思ってます。


画像


殆ど黒ですね。ほぼ黒でいい。


あとは塗装してみて、どうなるかですね。

通常黒で、光がささると淡く緑っぽくなれば成功です。
金属っぽいチップがチラチラ見えるか見えないかくらいが理想ですけど
そんなに今回は入れていないので、発色さえよければいいかな。



内部メカ系は下地を塗っていないので
プラスチック系のところにダイレクトに吹き付けます。

なるべく液だれしないように、かつしっかり色が乗るように
丁寧に吹いていく。

内部メカ系は量がかなりのものなので、45ml用意していますけど
どこまで吹けるかなぁ・・・。


スーパーチタンを入れてるので、よく攪拌させてから塗装していきます。
艶消しよりはひどくないですが、それでも沈殿しますからね。


画像


まずは頭部。こんだけ。

そして盛大にピンボケ。

画像


若干のチタンカラー。
そして、光が強い箇所は、うっすら緑っぽくなってる。

いいですね。求めてた感じになってきました。

画像


胴体。かなりの量ですね。
光が弱ければ、殆ど真っ黒なので、これでいいですね。

画像


真っ黒ですかね。
ところどころ金属チップで、キラキラしてる感じがありますかね。

画像


腰部基部ですけど、光が鋭くささってるところは、緑ですね。
いい感じです。

画像

画像


足系。膝もありますね。
いい感じに黒いです。

画像


下から覗いてみる。

うーん、やっぱり黒だね。そこそこ混ぜたのに、いい感じに黒い。

画像

画像


脚系。1個1個でかいですけど
ここは結構無理やりな改造をしてるので、ざっと黒く塗りきって綺麗になったかなと思います。

画像


脚もう一方。

光の具合で、変化するのは面白いですねぇ。

殆ど見えなくなるという残念なお知らせはありますが・・・。

画像


右腕パーツ。
肩も入れると、結構な量ですね。

画像


内部ガトリングは、この色に仕上げてます。
かなり目立たない感じになると思いますけど
内蔵武器って、目立たない方がいい気がするんですよね。


ばれない方がいいじゃん!

画像


左腕パーツです。
光が当たらないととにかく黒いですねぇ。

ビームサーベルマウント箇所も真っ黒。
ビームサーベルが白いので、ここはνガンダムっぽい印象になりそうです。

画像


手も結局塗装しました。

マドハンドチックな風貌ですけど
隙間なく塗装するには、指を少しおりつつ、指を大きく開くポーズじゃないとですね。


ニャーとかやってるようにも見える。


艶消しで最後は色が落ち着くといいんですけどね。
今は黒光りでちょっと落ち着かない。

画像


本日最後はバックパックです。
あとは武器類だけなので、明日ちょこっとやれば黒も終わりそうです。

画像


マスキング箇所が出てきました。
ファンネルコンテナのチラ見箇所ですけど、ここは全体的に黒にしました。

ファンネルそのものも、マスキングだらけですね。
ファンネルは色分けがほんとに多い。


MGなんだから、ここも気合いれて色分けをパーツで再現してほしいですねぇ。



あとはファンネルと武器類だけですが


画像


塗料随分と余りましたね・・・。
スーパーチタンなので、絞り過ぎると金属粉が出なくなるから
それなりの量で吹いたんですけど

それでも十分余ってますねぇ・・・。


今までが希釈おかしかったのかしら・・・。


まあいいか。



これで予定通りに進んでますね。


5/02 白(完了)
5/03 青(完了)
5/04 黒(完了)
5/05 黒・その他
5/06 デカール用表面処理・デカール
5/07 デカール

5/13 砂吹き
5/14 クリア

5/20 研ぎ出し
5/21 トップコート

5/27 組み立て
5/28 組み立て

順調順調。

その他は、黄色とかライトグレーとかです。ちょびっとなので、あまり問題にならんですね。


土曜日(5/6)は雨っぽいので
明日には塗装終わりにしたいですねぇ。


微調整くらいなら、雨でもなんとかなるけど
本格的に塗るときに、雨はきっついですからね。



うーむ、やっぱりこの感じは

トップコート1日じゃ終わらんな。



○今日の気になる事
5月に入って、暑く感じますね。

朝晩はいいんですけど、日中が暑い・・・。


塗装時は、なるべくにおいが外に出ないように+気流を調整したいので
部屋をしめきってるのですが


暑いんですよね・・・。


今年初の、冷房を入れました。
いやぁ涼しいねぇ。冷房はいいね。過ごしやすい。


エアコンは除湿もあるので、梅雨の季節とか、雨の時に
除湿にしてクリアな部屋にしやすくなったんですけど


その分気流が生まれるので、塗装する場所には影響がないように調整しつつ。


気流ができちゃうと、その分ホコリが舞い上がるので
塗装時は大敵ですからねぇ。


特にトップコート時にホコリがきちゃうと、発狂します。


とりあえず、快適に過ごせそうっていうのはわかったので
今年の夏は、やっとのんびりと行けそうだな。ってイメージです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その28 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる