ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その41 -

<<   作成日時 : 2017/06/14 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

変則的ですけど、組み立ての続きです。

次は腕まわりです。パーツ数は少ないですが
メタルパーツのセットなど、結構あれこれと仕込んでいます。

νガンダムは、腕まわりは左右非対称。
Hi-νガンダムも同様です。

デカールの差だけではなく、形状そのものに差があるので
ガンダム系としては珍しいタイプに属しますね。


まあ、武器やシールド構えちゃうと何でもかんでも非対称なのですが・・・。


事前に仮組みしているので、大抵の部分ははめ込みやすいですけど
パチン系はこの工程で初めて完璧に組む。

肩がパチン系なので、きちんとラインが整っているかなど心配事が多いんですけど

画像


よかった・・・。変じゃない。
パチンしたタイミングで、削ったりしないかひやひやしてましたが
まずは第一関門突破です。

パチン系のもう一つ山場は脚のふくらはぎ。

画像


右腕。
メタルパーツ(ボール)を入れるだけで、存在感が増しますね。

穴をあけて、面取りして、あとはボールを入れるだけのお手軽さで
この存在感は病みつきになります。

デカールがあるタイプでもいいですし
元々凹モールドだったところに入れてもいいですし
オリジナルで穴をあけてもいいですし

あける場所は、それこそ千差万別ですけど
やった結果、いい感じになるのは共通事項かなと思います。


メタルボールは100個でいくらとか、そんな単位で買えるので
持っておいて損は絶対にないと思います。
1.0mmで十分な気がしますね。


画像


左腕を撮ろうとして、肩にピントが・・・。

肩パーツは、白い部分は1.5mm玉にしようと思ってたんですけど
急きょ、パイプタイプに変更しました。

このパイプタイプ、アポジモーターっぽく仕上がるので
肩にアポジいっぱいあっても、違和感はないかな。という変な理屈から。

少しはみ出させてくっつけてます。



(建前)ちょっとはみ出してた方がアポジっぽくね?
(本音)後ろのパーツが干渉して奥に行かない。もう穴開けたくない。



建前で何卒よろしくお願い申し上げます。


画像


こちらは思い切って対応したガトリングのメタルパーツ化。
なんだかんだセットしてみて、いい感じになったのがうれしいんですけど

画像


綺麗に格納されるし、これも狙い通りなんですけど


これを見ることは早々ないという・・・。

画像


こちらはビームサーベルの格納先ですね。
左腕です。

画像


こちらも、早々見ることがない。
しかも、こっちはシールドマウント部分でもあるので
ますます見る機会が少ないですね。


ほんとに目立たなそうな場所です・・・。

画像


肩はかなり目立ちますね。
凹凸をはじめとする情報量がかなり多い部位なので
非常に目立つ場所ですね。

ユニコーンマークも目立ちます。

ここにさらに、凸パーツとしてメタルパーツがあるので
(結果論として)十分目立つ感じにはなったでしょうか。

このメタルパーツを眺めてると、アレックスを思い出してます。
カラーリングもあるのですが、肩のでかいバーニアみたいのが目立ってるよなぁ。
と、なんとなく回想に浸ってる。

実際は、このメタルパーツよりもさらに巨大ですけどね。


今回あえて墨入れしていませんが
MGであれば、しなくてもパーツが細かいので、違和感ないですね。

変に墨入れして、妙な暗さを強調するよりは
パーツが接合しあって生まれる隙間のほうが
自然でいいかなぁ。って個人的には思います。
スジ彫りを強化しておけば、十分立体感は生み出せるし。

内部パーツを黒で統一したので、隙間がかなり黒くなってるっていうのもありますね。


した方が綺麗になる場合もあるので、ケースバイケースでしょうけど
このHi-νガンダムVer.Kaに関しては、
墨入れしなくても十分立体感が出るって思います。



続いて、もう一つの山場であり
見所でもある、脚まわりです。

ふくらはぎもですが、ウェイトを大量に仕込んでいき
大地に自分の足で立ってもらうように、重心を腰付近にします。


アンバランスなのは最初から設計段階で分かると思うので
何かしらウェイトなどを最初から用意してほしいですよね。


画像


第一候補はここです。
脚の中央部分。ここにありったけ突っ込みます。

下側部分ははめ込む先なので、ちょっと微調整しないとですけどね。

画像


後方部分にも少しあるので、ここにも入れます。
こっちは少しですね。
後ろに倒れやすいので、前方に仕込んでいきたい。

画像


ふくらはぎは第二候補ですね。
ここにもありったけ突っ込む。

画像


かかとなど、足にも入れるだけいれます。
前方付近になかなかウェイトが集中しにくいですけど
脚付近全体はかなり重くなるので、重心は下がるはずです。


ちょっと不安材料は残ってますけどね・・・。
後ろに重心がいきそうな予感。


仕込める場所はあとはほぼないので
組み立てていきます。

画像


まずは足。

画像


足裏、あまり見えないんですけど
ここはほんとにいいですねぇ。

ほんとに見ることが少ないのが残念ですけど
足裏も気合入れたいところですね。


ガイドを使えば、足裏も見えるように調整できるから
気合入れて作るに越したことはないですね。
今回はウェイトをたっぷり仕込んでるので、立たせることが目的ですが。

画像


脚もできました。
結構な重量になってますね。ずっしりしてる。

最後全部組み込んでみましたけど、この流線形はやっぱりいいですねぇ・・・。

全て組み込むと、足がすごい大根脚状態にはなるのですが
ファンネルで末広がりになるので、この大根脚状態でちょうどいい。

このバランスは秀逸ですね。

画像

画像


後ろのパネルラインもいいですね。
スジ彫りでラインを深くした甲斐もありました。

画像


こっそりって感じのバーニアもちゃんとあります。
これも結構な重量が稼げるので、うれしい一品ですね。

そして隠れちゃうので、まず見ない・・・。


こういう設計だけど!こういうい設計だけども!!



とまあ、それはいいとして
パネルラインが稼働して
満を持してバーニア出てくる仕組みはいい感じですね。


画像


右脚完成。

画像


脚周りはメタルパーツがいっぱいなので
そもそも重量を稼いでる部分ですけど、それでもやっぱりウェイトが欲しい。


メタルボールの量も結構な数です。

内部パーツからのチラ見ポイントも多いので
内部系もしっかり塗装したい部位ですね。

稼働部分の隙間がどうしても大き目になるので
スジに関しては、少し大きめにかつ深く彫っておかないと、平仄合わなくなるのが
なかなか難しいところでしょうか。

最後まで組み込んでみないと理解できないところなので
これは申し送り事項になりそうですね・・・。

画像


両脚完成。

流線形と直線形が共存してるので、情報が多いですねぇ。
ずっしりとした印象は、サザビーとも張り合えそうな感じです。

ナイチンゲールとは無理だな。


C面とR面が共存しているってことでもあるので
処理自体はかなり難しいですけどねぇ・・・。


ファンネルを背負うので、足が太くなるのは必然ともいえますね。


νガンダムは割とスマートなのに対し
Hi-νガンダムは、アスリートっぽいですよね。


最終的にはS字立ちさせるので
(顎を引き、胸を少し前に出して、足を少し後ろに引く)
重心大事なんですよねぇ・・・。


残すところ、バックパックと武器類ですね。
あと少しです。



○今日の気になる事
本日は休みでしたが、いい天気でしたね。

ただ、ちょっと肌寒いくらい。
梅雨の時期としては非常に珍しいパターンですねぇ。


このままジメジメしないまま開けてほしいくらいですね・・・。


梅雨の時期は食中毒とかも発生しやすいし
何をしてても体が重いし、いいことなんもない。


動物・植物には恵みの雨なんでしょうけども
人間わがままですね。


もう一つ問題なのが
この時期になると、膝が痛み出しちゃうんですよね・・・。


秋ごろもやばいですが、6月も危険。


膝やばいです。ほんとに痛いというか
じっとさせてると、かなり痛くなっちゃうので、耐えられないんですよね。

長距離移動するときは、本気でやばいですね。
痛みで目が覚める。


これもどうしたらいいんだか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プラモデル - MG Hi-ν Ver.Ka その41 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる