ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモデル - RG ズゴック その1 -

<<   作成日時 : 2018/01/13 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

休んでないね。これ楽しみだったんです。RGシリーズは初です。

ガンプラもあれこれ種類ありますが
MG並の精密さと、完全な色分けを実現して
新しい解釈でデザインしなおした、1/144シリーズですね。

まあ、既にあれこれかなり出ているので
最近のガンプラを作っている人には、常識レベルかもですが・・・。


1/144なので、手のひらサイズ。というのが売りです。
一方、1/144なので、非常に小さいのですが
この小ささで、MG並のパーツ数に精密さともなれば
結構苦労するんじゃないかなと、勝手に思っています。


ただ、RGシリーズは結構評判がよく
シナンジュやダブルオークアンタあたりは、特に評判がいいようです。

評判の良さというのは、作りがいいことが殆どなので
作りやすい。というのも評判要素の一つじゃないですかね。


RGって初心者向きじゃないよね。
って思っていましたが、素組であれば、悪くないかもしれませんね。


RGの中でも、パーツが比較的大きく
なにより、顔パーツがなく、武器すらない。
比較的、作りやすいんじゃないかと思うのが、ズゴックです。


個人的には


久しぶりのジオン系
久しぶりの水泳部
久しぶりのシャア専用


HGズゴックは、非常に作りやすかったのですが
今回どうでしょうかね。

小さくてかわいい感じでしたねぇ。


画像


RGズコックもですけど、RGシリーズの箱はいい感じですよね。

ほぼほぼズゴックですが、細かいディティールはさすがですね。
これが1/144とか、どうなるんだよ・・・。っていつも思ってました。


画像


明らかにパーツは多いです。
HGよりも倍近い感じがします。でもMGよりは少ないですかね。

とりあえず、小さい・・・。これだけは間違いない。


ズゴックといえば

画像


カニ爪ですね。やっぱりこれです。(アイアンネイル)
ズゴックといえば、やっぱり爪ですね。最高です。


ただ、安全を考慮して、いたるところにC面その他が存在するので
これを鋭いエッジにしていくのは、ズゴック系定番の改良になるでしょうか。


8本の爪がありますが
これは、シャア専用@劇場版を考慮してなので
シャア専用@テレビ版同様の、3本パターンも作成できます。

今回は劇場版でいくつもりです。


画像


リアリスティックデカールとか、よくわからんこと書いてますけど
要はシールですね。

デカール、シールなのか・・・。

厚みが気になりますね。


画像


メタル系シールもありますが、例えば6番は、胴体にある○モールドに貼るので
ここは、純粋にメタルボールにしてあげるとか
色々考慮したい部分も多いでしょうか。

凹モールドが異常な数なので
墨入れも一苦労しそうです。


ざっと見て


これ、どうやって塗装すんだ??
っていうところに行き着いたので


今回は、墨入れ・部分塗装と、簡単な研ぎ出しからの艶消しフィニッシュにして
元々の色は、このまま採用しようと思います。

なので、サフや本塗装はなしです。
(ツメだけサフしないとかな。)


フィニッシュで艶消しするんであれば、研ぎ出しせずとも
殆ど目立たなくはなります。
ドライデカールなどならそれでもいいんですけどね。

でも今回はシール。
厚みが絶対気になるんじゃないかなって感じるので
簡易的研ぎ出しで、厚みをある程度なくしていこうと思います。

普通の水転写デカールとかと、同じくらいの厚みになれば
艶消しで目立たなくなるはず。という目論見です。



部分塗装は、内部メカでチラ見する部分を黒にして
(モノアイの後ろあたりが候補ですね)
爪とかファンとかは、メッキ仕上げにしたいですね。
このシールのキラキラに対抗できる色だと思うので。


つまり、表面処理が重要になってきますね。
下地に黒も入れないとなので、一部は黒塗装をして、さらにメッキシルバー。って流れかな。


まあでも、HG同様気楽に作れるシリーズだと思うので
肩を力入れずに作ってみます。


説明書の通り、まずは脚から。



脚から作るって初めて。


画像


いきなり小さいな・・・。水中用のファンですね。
水陸両用ですけど、水中で機敏に動くための動力が随所にある。
ワニ的な感じ。

元パーツの色はメタリック系というか、パール加工っぽい。
このままでも悪くないですよね。RGってすごいねー。

画像


かかと付近のパーツですけど、この段階でこのパーツ数。
HGとかなら、一発抜きで1個とか2個で表現されるというのに。

かかとの後ろ部分。凹モールドがありましたが
下側部分はオミットしました。
凹モールド、いっぱい入れるのはいいんだけど
何の意味があるのかわからん奴は、なるたけ消したい。


この状態ですら、気に入らないんですよね・・・。


画像


今回ほぼ仮組が不可能ですが、できる部分は仮組して確認です。

ファンがつく丸いパーツは、露出するパーツなので
表面部分はまっすぐヤスリを入れておくとシャキッとしますね。

接合部分はスリットのような加工になってるので
ヤスリは最小限にしたい。

全体的に丸みを帯びてるので、処理はスポンジヤスリが殆どになるでしょうか。


画像


上に載せるパーツ。こんな小ささで、段落ちモールドです。
(分かりやすいように、削りかすで白くしてます)

段落ちがない側の表面をまっすぐにしゃきっとさせておけば
段落ちも綺麗になるのですが
やり過ぎると今度は接着しなくなっちゃうので、ほどほどに。

内部パーツは既に出来上がってるものですけど
内部機構に外部パーツをペタペタ貼りつける感じなので、MGと差がないですね。


ただ、内部パーツも多少なりとバリなどあって
これが邪魔してうまくはまらなかったりするから、一部は処理が必要です。



画像


足の甲は、ズゴックの特徴的かつ数少ないまっすぐな面構成。
しゃきっとさせたい箇所ですが、細かい番手でやり過ぎるとよれてくるので
短時間で仕上げる必要ありますね。

アウトラインが浅いやつほど、危険なんですよねぇ。

画像


つま先は可動式、別パーツ。
これだけでもすげーって思うのに、その中はダクトみたくなってる。
すごすぎるね・・・。そして処理が大変でもあります。


ゲートがかなり意識されてるものの
どうしても表に出てきてしまうのもあるので、ヤスリ掛けは慎重にですね。


画像


それっぽく組み立てる。
HGでここまで稼働する足なんて、見たことないよ・・・。
RGのすごさを感じる部分です。


裏面のモールドは、メタルパーツ置き換えもできそうな感じですね。
今回はちょっとやらずに済ませたい。


画像


研ぎ出しその他するので、串刺しにしますけど
足だけで、こんなになっちゃうのかよ・・・。
MGと大差ない。


で、やっぱり

かかと部分が非常に気になって仕方がないので、こうしました。

画像


今回は塗装しないので、パテ埋めできないから
穴を開けて、メタルパーツに置き換え。
2.0mmのパイプを差し込むことで、凹モールドを消し去りました。

凹モールドは2.4mmくらいだったので
面取りしてしまえば、確実に消え去る。


シャア専用ですから。
アポジモーターくらいはあるはず!

無理やりですけど・・・。


水陸両用なので、気密性が重要かとは思うんですが
まあ、フィクションですからねぇ・・・。


ちなみに、穴開けちゃうと目立ちそうですが

画像


内側にパーツがあるので、影響なし。
しかも、高さがこれで一定になるので、メタルパーツも位置決め簡単です。
内側にアクアリンカーとか塗りつければ、一切目立たずに接着もできますね。


スタートからこんな調子ですが・・・。
気楽に作れそうな予感はあります。

作りやすいのは確かです。
HGみたいな、スジ彫りがーとかあんまり気にしなくていいし
接合面も段落ちモールドとか、継ぎ目にならないことを意識されてるので
完成状態も綺麗なんじゃないかな。
HGだと、基本モナカですからね。


なにより、多少ですが、ゲート跡が目立ちにくいのもいいですね。
アンダーゲートもありますけど、パーツが重なって見えなくなる。
っていうパターンがそれなりに考慮されてます。


HGUCズゴックも初心者向きですが
RGズゴックも、2つ目3つ目を作るときの候補にしていいんじゃないかな。



ズゴック嫌いだとどうにもならんですが・・・。



小さいのもいいんじゃないでしょうか。1/144ってかなり小さく見えるので
ちょっとした場所に飾ることもできます。



○今日の気になる事
信越線の閉じ込め問題。難しい問題でしょうけど

一番大変だったのは、当事者のみなさんで
結局、現場の人が苦労して、なんとかしようとしているから
企業は評価してもらえている。
っていう現実に、いつになったら上層部は気づくんだろうか。


現場で頑張ってる人に、上の人間は頭が上がらないはずなんだけどな。
偉そうな態度なんて、絶対にできないですよね。
立場が上になればなるほど、腰が低くなる。っていうほうが自然。

批判は、そうした上層部に向けて。だと信じたい。
もっと救援など要請できたはずだし
食料とか、水分とか、どうなっちゃったんだろうか。
って思いますよね。

数時間でもきついのに、15時間とか尋常じゃないよ。
運転手さんが、ひとりで除雪作業とか想像絶する。


もし、何かやっているのであれば、それらも公表してほしい。
対応頑張ってたとして、それが公になってなくて文句が出てるなら
それはそれで、非常に悲しい。


今日からはセンター試験で、大雪の中試験に臨む人もたくさんいるでしょうけど
スムーズにいくように、頑張ってる人も大勢いるんだよねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラモデル - RG ズゴック その1 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる