ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモデル - RG ウィングガンダムEW版 その10 -

<<   作成日時 : 2018/03/31 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最後まできました。トップコートです。

トップコートは、今更説明も何もないですが
(過去散々やってきました。)

水性塗料を使う。(スプレー缶と同じ内容)
エアブラシで吹く。
希釈率は3倍。
2週やる。(1回目は砂吹き、2回目はウェット)

このあたり、今までと何も変化ないです。


ただ、今回はパーツ1個1個がかなり小さいので
吹きすぎ厳禁です。

やり過ぎた瞬間、真っ白になる可能性大。


SSは2週後ですけど、1週あたり2時間今回はかかりました・・・。
最初に吹き付けたやつは、余裕で乾燥して2回目でしたね。


1回目砂吹きっぽくするのは、デカールやエナメル層を守るための被膜を作ることと
凸凹にさせて表面張力を破壊し、エッジ付近に少量できちんと乗るようにするため。

エッジに乗らず、中央に艶消しが集中したら
当然中央付近は真っ白になるってわけです。



1回目の砂吹きっぽいのを繰り返すのもありですけど
これだと、塗料の吹っ飛び方が激しすぎるので
2回目のウェット状態を本命にいつもしています。
ウェットとはいえ、さっと吹くので早々白くもならないし。


この辺りは、何度かやるとコツがつかめるのですが
経験値なんだよねぇ・・・。こうすればいいよ。があんまりないので、説明しにくい。


艶が消えるメカニズムとか、科学っぽいことは説明できたとしても
じゃあ、実際にどうやればうまく行くよ。ってなかなか説明できない。



画像


一番分かりやすい(はずの)黒系。
この黒板は、今回使いませんけど。

画像


うーん?写真だとわかんねぇ。

艶消えてます。一応・・・。
白くもなってません。

ここは胸内部とかだけですね。


あとは、本体にどんどん吹いていきます。


画像


胴体と頭。
まあ、艶消ししてるだけなので、ぱっと見変化はない。

画像


頭とかもですけど、墨入れ箇所はようやくこれで艶が均一になるので
一体感が出てくるはずです。


画像


腕まわりは、肩が目立つくらいですかね。
手もやっと塗装できた感じです。

画像


まあ・・・。普通ですよね。普通のトップコート。

画像


脚類も、特に目立つところもなく。普通ですね。

画像

画像


羽はパーツが複雑なので、トップコートも大変です。
あっち塗って、こっち塗って、塗り残しないようにってやってくと
重なる場所が出てくるから、厚塗りになるところも出やすい。

気を付けて塗っていきたいパーツ類でしたね。

画像

画像


最後は武器類。

バスターライフルのように、やたら長くて塗りにくいのも
シールドのように、やたらでかくて塗りにくいのも
やりにくいのが、集中してました。


メタルパーツで落ちつくといいんだけどなぁ。


これでトップコートも終わり。
ある程度乾燥させたら、組み立てて完成ですね。

メタルパーツを貼り付ける作業もしないとですけどね。



あと少しです。あと少し。



○今日の気になる事
今年の花粉、すごい量ですね。

家の通路、真っ黄色・・・。
例年の4倍とかなんとか言ってますが、毎日掃除いただいているのに
1日経っただけで、真っ黄色なんだよね。

ものすごい量の花粉です。


植林大事かもだけど、杉である必要はもうないよね・・・。
でも、杉ばっかり。


杉じゃないものを植えると、時間かかるんですかねぇ?
とりあえず、杉ばかり植えまくって、花粉祭りになって
誰も得しないことになってるんだとすると、最悪ですよね・・・。


まだ花粉症じゃない。たぶん。
くしゃみとかしてるけど、きっとまだ平気なはず。

例年の4倍とかで花粉症になんてなったら
生きていけないよきっと・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラモデル - RG ウィングガンダムEW版 その10 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる