ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモデル - HGUC ガーベラ・テトラ リベンジ その4 -

<<   作成日時 : 2018/07/08 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次は腕です。ガーベラ・テトラでは一番の難易度。

継ぎ目消しも発生しますが、塗装する人にとっては
ここで絶対に後ハメ加工が発生しますね。

継ぎ目をどう処理するかで決まりますが
もし、消さずに段差モールドで行くなら、後ハメ加工は要らない。

でも、今回は継ぎ目消しをするので、後ハメ加工します。


ひとまず、メタルパーツを差し込むための穴開けなどをしていきます。


画像


とりあえず、腕の肘関節部分にマルイチ。
3.0mmでぴったりですね。

この手の関節系は、3.0mmや4.0mmが多いので
これらは買いだめするなり、プラ板で作るなりで用意しておきたいですね。

裏側はダボになってる箇所もあるので、途中で穴を止めて、開口せずにしたりしてます。
なかなかめんどくさい。


画像


肩の内部パーツ部分ですね。
継ぎ目を消すために乾燥中。まあ、ここはあんまり目立たないので
消さなくてもいいんですけどね・・・。

画像


肘関節。ここが今回の一番のポイントです。
一部パーティングラインがあるので、綺麗に処理してます。
凸凹部分を消して、丸いパーツっぽくしました。

で、ここからです。

この関節と、腕部分。
腕部分にこの関節パーツをマウントして、挟み込むようにするのですが
腕部分は継ぎ目を消したい。

だけど、それを最初にやってしまうと、塗装時色分けをしなきゃいけないので
非常に難易度が上がってしまう。

なので、後からはめ込んで、塗装しやすくするのが後ハメ加工ですね。


画像


はめ込む関節パーツ側を、8の字っぽくカットしてます。
カット時は、ニッパーでサイドをぱちぱち切って、最後にカッティングソーなどで切り離します。

だいぶ見た目は汚いですね・・・。

また、肘関節と、外装の肘部分
あと、内側に関する場所が干渉してしまうので、一部削ったりしてます。


画像


本来はこうしてはめ込む。
これだけなら別に何も困りませんが

画像


この状態にはめ込んでいくので、切ったり削ったりあれこれやってます。

画像


こうして、ぱこっとはまるように調整です。
やれやれ。

これではめ込めるようになったので、外装部分の調整。
最終的に継ぎ目を消すので、接着後に全体処理をするので
その前にメタルパーツを入れる場所を作成。

画像


ケーブル部分をメタルパーツ化します。
最後はメタルボールで蓋をしますけど、穴を開口して針金用に微調整。

画像


そしてメタルパーツをセット。
微妙なカーブがあるのですが、今回はまっすぐに。

最後は接着して調整していきますが、とりあえずこんな感じになりました。

画像


腕部分も接着。
1日あれば大体乾くんですけど、1週間あればヒケることもなく処理できるので
少し長めに待っておくといいですかね。

パテ埋めなどもしないとなので
ここから時間がかかるんですよねぇ・・・。


結構傷もついてしまったし。


ひとまず、ゆっくりじっくり構えて処理していきたいですね。
塗装しちゃうので、綺麗にはなるものの
面構成などもしっかりしたいし。



○今日の気になる事
雨の被害。やばすぎる。というか、被害がどんどん大きくなってる。
雨全然やんでないし。


西日本が沈没してる・・・。沈没してるとしか思えない。


死者も出てる。しかもどんどん増えてる。
こんなに雨で被害が出たことって、相当珍しいんじゃないでしょうか。


今年はほんとにいろんな被害がありすぎて
どうなっちゃうんでしょうかね。


東京も、何か起きそうな気がする。
東京だけ何もないなんて、都合いいことないよねぇ。


不安です。普通に不安です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラモデル - HGUC ガーベラ・テトラ リベンジ その4 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる