オフゲ - エースコンバット7 その28 -

難易度ACEも中盤戦に入っています。ミッション8からです。

慣れてきてしまっているのもありますが
Sランクに必要なスコアは、難易度別ではないので
イージーで取れれば、むしろ他のモードのほうが楽かもしれません。

一部では、ネームドでスコアを誤魔化せるので。

ミッション20だけはネームドいないので、ここはスピード勝負ですけど
他はネームド居てくれて助かったー。っていう曲面もありますね。

逆に、邪魔。って場面もありますけど。


殲滅戦のような場面では、難易度ACEでの最低条件が高いですが
Sランクは変わらないので、むしろAランク以上じゃないとクリアすら無理。
みたいな設定というだけで、Sを目指すんであればたいして障害にもなりません。


今回急激にACEで難しいって場面は、そこまでないですね。


UAV(ADF-11など強UAV)以外は。


ってことで、キャンペーンACE続きです。

画像


ミッション8は、UGBを使いたかったので、YF-23で出撃しています。
最もポイントになるのは、最初のオイルタンク撃破。
UGBであれば、慣れもありますが楽になります。

SFFSでもいいでしょうけど、あんまり差はない。
リロードの速さはUGBのほうが速いので、こちらの方が破壊しやすいです。
機体性能もYF-23なら文句ないですからね。標準ミサイル数もうれしい要素。
UGBは標準で問題ないので、ミサイルや機動などにパーツ振り分けることができるのもポイントです。

最初から航空機もいるので、地上はUGB、航空機にミサイル。
と、なかなかあわただしい前半戦。後半戦は変化ないのでMQ-99を適当にやって
ネームドも墜とせば、スコアは確実ですね。

10分台クリアが閾値みたいなスコアになるので
後半は残り4分xx秒と出ている状態でクリアなら、10分台ですね。

ネームドはMQ-99の4機分に相当するので、なるたけ墜としたいですね。


画像


ミッション9、絶対に何度もやり直す羽目になって
ブチ切れました。私ブチ切れましたわよ。と騒いでると思ったのですが・・・。

1発クリア。

今回は、F-35Cに8AGMという組み合わせにしました。
LASMを辞めたのがよかったみたいです。

8AGMもレンジはなかなか、しかも広範囲にロックオンする。
さらには、意外とミサイルの挙動が悪くないので、地上兵器にヒットさせやすかったですね。


迎撃ミサイルも飛んできました。ACEともなると10秒くらいで着弾するほどなのですが
なぜかヒットしないこと多数。
レーダーを壊した直後だとリセットされるのか何なのか・・・。
ステルス機だから?よくわかりません・・・。

という、バグなのかなんなのかわからんものにも救われ、一発でしたね。
ここ絶対やばいので、何度もやりやくはなかったから大助かりです。
F-35Cいいですねぇ。ここではこの子はありです。


画像


通り名も順調。一発クリアだったのがほんとに大助かり。



ここさえ突破できれば、スペア隊編最後であるミッション10は楽に終わるのですが
最後のアンノウン(ADF-11)が絶望的に避けまくるので
誘導性能をあげたQAAMを持ち出すために、F-22Aで対応します。

ミッション20と同じ、機動力の他
QAAMの誘導性能と弾数UPというセットアップにしてありますね。

画像


ミッション10も終わりです。
途中までは難易度による変化はあまりないので楽ですが、
最後のADF-11がほんとにやばいですね。QAAMがないと、かなり苦しいです。
無人機だからってこんな制動しないだろ・・・。っていう。

SAMからのミサイル数が異常に多いので
早く墜としておきたいから、結果的にネームドも狙えます。

画像


スペア隊も終わり、前半終了です。
転身して、ここからはストライダー隊ですね。

画像

画像


ミッション11スタート時、スペア隊がやってきた戦闘の説明をしています。
この過酷なミッションの生還者が、トリガーとカウント。
という説明もなされますね。

画像


ミッション11はハンバーガーですが、ここでのスコアを伸ばすコツは
東側の艦隊殲滅ですね。

イージス艦などはスコアが高く、LASMをかなり長い距離から撃てば当たりやすい。
LASMだと、水平ぎりぎりで飛んでいくので、CIWSに迎撃されにくいですね。
なので、4AMMとLASMを使い分けて挑めるX-02Sは抜群の相性です。

まあ、5万とか稼がなくても4万くらいでSになるので
57000なんてやりすぎなんですけどね・・・。

画像


エンブレムですね・・・。これは想定外だった。

画像


これはカウントですね。
歴代僚機のエンブレムの一つとして、これも残っていくんでしょうねぇ。

伯爵ってことなのかもですけど、カウントって詐欺罪で捕まってたんでしょうかね?
仮に犯罪者だったとしても、戦闘機乗れるってすごい稀だと思うんだけど・・・。

空軍パイロットって、軍隊の中でも
エリート中のエリートしかなれない職業だよね・・・。

画像


ハンバーガーメーカー。
サンドウィッチどこ行った。

続けてミッション12です。

画像


アーセナルバードを、こんな巨大機銃で叩き落す胸アツ展開。
このために、かなりの被害も出ていますけどね・・・。

画像


ここはネームドを多少やりつつ、地上兵器のうち
TANK・AD TANK・SAMあたりを中心に墜としていけば
多少ストーンヘンジにダメージが入っても、前半戦はどうにかなる。

後半戦は鳥戦ですが、ACEだからなのかMQ-101の数が凄まじいので
通常ミサイルと機関砲、特殊兵装をばら撒くだけで
片っ端から墜としまくりますね。

メインプロペラ後はどれを壊してもスコアに変化ないのと
バリアみたいのを最後ぶっ放してくるので、鳥には近づかずに
MQ-101などを攻撃してるとスコアは伸びますね。

時間制限付きなので、時間の限り墜としまくる。

画像


ミッション13はバンカーバスター。
ミサイルサイロの場所をチェックしてやり直した方が効率がいいのと
スコア的には、多少航空機も墜とした方がいいので

最初に登場するハリアー2機と、中央からくるTyphoon4機をやれば
スコア的にはまあまあおいしい。

あとはネームドを狙う前提でスコアは問題ないでしょうか。
追いかけまわせるセットアップにしないとですけどね。

ここはハードとかと変化があまりないです。


画像


順調にきていますね。Sランク突破を継続できるとは正直思わなかった。
ハードをSでクリアできるなら、エースも行けると思いますね。

画像


ミッション14は、なかなか難しかった。
前半戦の渓谷レースは、スポットライト数が爆増してるので
落ち着ける瞬間がないまま、ゴールしてた(笑

後半は敵機が増えていましたが、ここまでくれば、AD TANKに注意すれば大丈夫。
絶対に殲滅させるので、撃破スコアはこれが限界なんですかね。


ストライダー隊前半最後はミッション15
殲滅戦ですが、ここは相変わらず東の航空機と、中央の地上部隊
そして、南からくる航空機増援部隊を撃破する作戦です。

西の艦隊は、ミッション11と違ってイージス艦とかいないのと
距離が遠すぎるので、スコアと時間との関係がちょっと微妙です。

画像


首都ファーバンティは野球場?サッカー場?みたいのがありますね。

後半戦はSOL隊ですが、4機SOL隊を墜としてからは
鬼ごっこスタートですが、さっさと当てまくれば、割とすぐに追い返せます。
難易度ACEでも、ハードなどと変わらず標準ミサイルと4AAMで十分狙えるので

やっぱりUAVが異常です。

画像


Sでクリア継続中です。
スコア4万いかずともたぶんS行けますが、クリアタイムが重要になってくるはずなので
20分台はキープしたいところですね。

ミハイにさっさと撤退してもらうしかありません。

ここまできて

画像


MRPは、トロフィーに向けてもうあとわずかです。
残り100万なので、ミッション18くらいで満たせそうですね。

結果的にマルチでかなり稼いだ(というか稼げた)のがでかいでしょうか。


でもなぁ・・・。飛行距離が・・・。


画像


今回のテーマは鳥なのか、鳥の名称が多いですね。
マルチで各ステージ出撃数とかも鳥でしたね。

残りの通り名はなんでしょうかねぇ・・・。

画像


エースもSランク突破でここまできました。
ミッション16が一番の癌なのは間違いないですが・・・。

残りはかろうじて何とかなりそうな気がする。


エースもあと少し。
あと少しなんだけど、遠征王絶対やばいって。
全然終わる気配ないんだけどこれだけ。


飛行距離、マルチ共通にしないとダメでしょこれ。
76500Kmって普通じゃ無さすぎる。

3000km/hで飛び続けたって、26時間くらいかかる飛行距離。
地球2周分くらいの距離感なんだよね・・・。


取得率が低いわけだよねー。
フリーで飛びまくるしかなさそうだなこれ。



○今日の気になる事
世界情勢は混迷してきていますけど、ベネズエラはどうなっちゃったんでしょう。

あまり情報入ってこないですけど
ハイパーインフレにもほどがあるし、あんなの生活絶対できないでしょ。
あんなになるまで放置してたわけじゃないのかもですが

見た目は先進国にも見えるっちゃ見えますよね。
原油輸出国なので、金銭的な部分ではむしろ余裕あるエリアにも思えましたが
蓋をあけたら、凄まじいことになってる。

じゃあ日本はどうだっけ?ってなりますが

なんだかんだ、日本って今もなお世界第3位の経済大国ですからね。
国土の小ささに、人口もばかすかいるわけでもないのに
そんな位置にいますからねぇ・・・。

だからといって

日本すごい=日本人すごい=自分すごい

っていう構図ではないので、そこは見誤っちゃだめですね。


はっきりいって、昔は7:3の割合だったのが、今じゃ9:1くらいの割合です。
何の割合?ワーカーとリード役の割合です。

圧倒的にリードがいません。
ほんとにいません・・・。

人がいないって言ってるのは、この立場の人です。
一部産業ではワーカー部分もいないんでしょうけど


ってことを意識すると、日本も他人事じゃない。
それを言い出すと、他国だって他人事じゃない。
特に、日本と同じように急激に発展をした国は。

って言い出すと、アジア各国は危ないんですよね。

冗談抜きで、未曾有の状態。
過去に類する状況がないですからね。
新たな解決策を模索するしかない状況です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック