ダークソウル - ダークソウル3 その47 -

まだ体調よくないので、ただおもむろにソウルを集める。

各シリーズ割とやってるんですけど
特に何も考えなくても、やたらと増えるのって、ダクソ3じゃないですか。

1とか2は、ソウル稼ぎをするのにかなり苦労した記憶があるんですけど
(それこそマラソン)
ダクソ3って、勝手に気づくと増えてるんですよね。


今もなお人がいるって段階で、やっぱりすごいコンテンツですが
マルチプレイも普通にできる中で、かなり周回している人にもマッチングするので
白霊で参加してるだけで、どんどんソウルが増える。


特にDLC2の輪の内壁は、攻略ルートとボスルート2方向があるから
闇霊も含めて、最も活気ある攻略エリアですよね。


サリ裏みたいな道場は、私としては面白くないので
こういう攻略しながら遊べる場所は貴重ですね。
しかも、ここの最大の特徴は、教会の槍ボスをいくらでもリセットできるので
解除すればいくらでも闇霊を巻き込んで遊べるという、優秀なコンテンツになっていますね。


教会の槍の誓約アイテム集めが、無理ゲーと化すことを回避するためでしょうけど
オフラインでもクリアすれば1個は手に入るから
一番効率のいい集め方ですよね。輪の騎士も一応出しますが、非常に苦しい。


同じ周回で何度でもボスを倒せるという仕組みは、優秀ですよねぇ。
マルチプレイが活況であることが、ダクソシリーズを楽しむポイントだと思います。


そんな感じなので、サインを出しておけばよく拾われる。
大半はミディールツアーですが、1週ぐるっと回ってくることも多いですね。
後者に誘われた場合は、3週目くらいが多いのでソウル量も莫大です。

画像


ちょっと前に撮っておいたのが金曜日ですね。
370万弱しかソウルなかったので、ここから1000万まで持っていきたい。

ダクソ1とかだと、ほんとに集まらないんですよね。
ウーラシールを周回したところで、早々集まらないし
結局サインを出しても出待ちになるだけだし・・・。

普通にプレイしてて集まるってのが大きいポイントです。


相変わらず変なところにひっかかってる・・・。


画像


ミディール戦もよく拾われるので、行動パターンだいぶ理解しましたが
後半戦のブレス大暴れとか、ポイントがまあまあありますよね。

あとは飛んだあとのブレスは、ミディールからみて左方向にだけ吹くので
逆側もしくはミディールの真下まで行けば回避できる。

とか冷静に観察できるほどまでに。

尻尾攻撃も油断ならんのですが、これも動きによって一定方向だけなので
見切るというか、覚えちゃえば早々死ぬ要素はないですね。
壁際に追い込まれるとか、そうでもない限りは。


そんな中でも、シラを残してクリアっていうのがほぼ無理だったのですが
達成できましたね。


超地雷NPCシラ。
HPを上げるだけの地雷NPCと言われてしまうほど、ミディール戦では役に立たない。
すぐ死んじゃうし・・・。

こうして生きてるのは、ほんとに奇跡ですね。
そもそも、どんなに人がいなくてもシラは呼ばれない・・・。


画像


貯まっちゃいました。貯まるんだよなぁ。
すごいよね、正直。


いくら周回組に呼ばれるからといっても、こんなに貯まるもんかね。
ってくらいDLC2のソウル量は桁が違う。

雑魚ですら1100とかだしね1週目でも・・・。


割とすぐなのと、マルチプレイに拾われる率が高いし
教会の槍なんかも、まあまあ呼ばれるんですよね。


なんとなく起動して、なんとなくサイン出すだけで
なんとなくマルチプレイができてしまう人口密度具合。

すごいとしか思えないですね・・・。


しかも闇霊すら活況だから、これもやばいね。


プレイスタイルに、常に答えてくれるコンテンツ早々ないよ。
YouTubeで配信をしていて、参加するとかならわかりますが
そうじゃなくったって普通に人がいる人気ゲーム。

すげーって普通に思うわぁ・・・。



○今日の気になる事
土砂降りの中で、東京マラソン。
なかなかすごい光景でしたが

さらにこんな時に、坂東流※の集まりがあるってやばいね。
帝国ホテルでやってるようですが

雨で最悪、人がいっぱいで最悪、なんだこれっていう・・・。

※日本舞踊です。うちの親が名取なので坂東の名前を持っています。


全国どころか世界も含めて人が集まるイベントなので
出掛けて行きましたけど

この雨の中で和服はしんどすぎですね・・・。


草履と足袋は雨に濡れやすいのに、濡れるとすっごい気持ち悪いし
今日は寒いから足元から一気に冷えちゃうので
非常によろしくない。

草履用のカバーみたいのもあるんですけど限界あるし
今日みたいな土砂降り時は、ほぼ機能しない。


不運としか思えませんね・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック