オフゲ - SEKIRO その19 -

2週目も中盤、というかほぼ終盤戦に差し掛かってます。

だいぶ進んできて、HP最大ヒョウタン最大にしましたが
だんだんと厳しくなりつつありますね。

一度クリアしているので、コツは理解しているつもりですが
より正確な弾きが必要なので、まだまだ苦戦することもしばしば。


あとは義手をうまく使いこなせば、ぐっと楽になるシーンが多いですね。


例えば爆竹。
これ、動物だけのようでいて、人にも効果があったりします。
にぎり灰みたいなもんですね。


あとは傘。
傘の防御性能はぶっ飛んでますねぇ・・・。これがあるかどうかでだいぶ変わります。


手裏剣は相変わらず強力というか、癖が少ないので使いやすいですが
主にボス戦では、爆竹と傘の活躍する場が多いですねぇ。



さて、ボスは残り猿2匹。

画像


忍殺後に不死斬りアイコンが出てるので、焦らず不死斬りまで。
勝手に進むなよ!!っていう感じもするほどに
忍殺しましたー。はい記憶ゲットー。はい金金金金金!
みたいな状態なので、いやいや、不死斬りさせてよ!!っていう展開です。

これであとはアイテムゲットすれば、3種類揃うので本城襲撃です。


3種類・・・。見た目は全然違うけど
3種の神器にも見える。


ああもう、雷もあるし、旋風斬りとかあるし
源平討魔伝にしか見えない。もうダメです。


ってことで、少しうろうろしてました。


画像


うわぁ・・・。水生村ではナメクジを生産してたようで。
これ、ブラボの真珠ナメクジに見えて仕方がない。


っていうか、ナメクジが登場した瞬間
月明かりの大剣きたこれ???って思った人もいるはず・・・!

画像


よくみると・・・。
結石でしょうか・・・。カルシウムの塊?
源の水は、カルシウム豊富なんでしょうかね。


これで問答無用で本城襲撃が始まるので、本城鬼仏を解除していきますが
捨て牢から戻るルートだけなんですよね。

というのも、他のルートは封鎖されてるという徹底ぶり。

画像


井戸は閉まってるので、身投げ場から逆走できない。
落ち谷からはそもそも戻れないし、大手門から先も閉まったままです。

意外とよくできてる。

画像


この二人の余裕っぷりは、なんなんでしょうかね・・・。
エマも一心の剣を学んでいるので、二人とも尋常ではないんでしょうけども。

画像


黒の不死斬りの情報がここで手に入るのですが

画像


盗み聞きすることで、所有者が誰なのかわかるようになっています。
というか、不死斬りはどうやって作成されたものなんでしょうねぇ?


とりあえず、中ボスを撃破。

画像


道場には忌み手。2VS1で戦えば楽勝。
まあ1体忍殺しておいてガチっても、慣れてしまうとそこまでやばくはない。
毒攻撃が厄介ですけどね。

画像


赤鬼は、梁部分でぶら下がったのち、そのまま落ちると忍殺が取れます。
ここには赤備えがいるので、赤鬼に倒してもらいつつ、赤備えに削ってもらうと
だいぶ楽になりますね。

ここは狭いので、門の先、階段付近で戦った方が断然やりやすい。


画像


名残り墓の先、赤ラッパ隊がいてなぜか、なんで俺様がーみたいなセリフを吐きますが


そもそも、君は誰・・・?


画像


白蛇の社にも中ボス。
相方?だかを殺されてるのですが、これは誰がやったんでしょうね。

怨嗟の鬼・・・?違うよねぇきっと。
天狗のおっさんは、エマといちゃついてると考えると


まさかのパパでしょうか・・・?


なお、ここで戦いこの忍者は、パパの記憶に登場する人物と同じです。


画像


もう慣れた。さすがに慣れたので、大人の事情を発動せずとも行ける。
これで中ボスも全部なので


天守閣ですねぇ。ここで、本作最大の分岐を経ることになるので
今回は、2週目ラストになります。



○今日の気になる事
ノートルダム大聖堂、あんな火事になるだなんて・・・。

遺産などもですけど、人命を多く失う結果にならなかったのは
不幸中の幸いでしょうか。
消防士さんが一人重体との話もあるようですが・・・。


丁度、修復工事をしている最中での事故なので
重要な建築物が火事で失われてしまうのは、非常に物悲しいですね・・・。


日本だと金閣寺でしょうか。


それにしても、まだ消火活動などしている中で
復興のために募金を募る大統領の空気の読めなさっぷりはやばいですね。

するのはいいことだけど、タイミングわる!
火を消すために、極力被害がでないように必死になってる人がいるのに
そんな人をしり目に、復興するから金をくれ!ってそりゃねーよ。


ますます人心離れる。
黄色いベスト運動が全然形になっていないんじゃないかな。
より活動が活発化する気がしてならない。

たぶん、あのKY大統領が言わなくても募金は集まるよね。



元に戻ることはないかもですが、それでも近しい形で再建できるといいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック