オフゲ - SEKIRO その26 -

中盤戦の中盤。落ち谷です。3週目の猿はすごく不安・・・。

嫌いなんですよねぇ。首があってもなくても。
こいつだけは、ブラボをやってるような感覚になるので
なんというか、隻狼やってる感じがしない。

最初のサルはいいとして、2戦目はカメラワークがふざけてるし
2匹同時も理不尽でなんだこれ?っていうプレイを強いられるのがねぇ・・・。


まあ仕方ないのですが、ここはもうちょっと何とかしてほしかった。


そして、相変わらず御子様が拗ねてらっしゃる・・・。
アップデートで変わるといいのですが。
(この編集は1.03前のものです)


画像


落ち谷は、橋から落ちる必要はなく
アイテムにつられて段差を降りて、そのまま下に行くと突破しやすいのですが


何より一番いいのは

画像


潜ればいい!
実に簡単な解決方法です。(そのためには破戒僧を撃破しないとですが・・・。)

画像


めっちゃ見てます。でも水が大嫌いのようです。
楽勝ですね。


これで谷落ちから忍殺に繋がるので

画像


ムジナさんイベントもこなしつつ
蛇退治です。

この蛇、最初にいた蛇なので左目を忍殺した跡が残っています。
なかなか確認するチャンスが少ないですが、左目がつぶれてます。

画像


全く見えないじゃんかよ・・・。
葦名の底にも蛇はいるし、白蛇は割といろんなところに出没するんでしょうけど
ゲーム内では2匹ですね。


画像


ゲーム内最強じゃないかと思う、この白猿ですけど

よく見るとふんどしをつけてるのですが
ふんどしというか、Tバックのような・・・。

突然セクシーな猿に見えてきた。


この白猿だけは絶対忍殺したい。強すぎる。


画像


さあ来てしまった。超苦手な獅子猿くんです。
ここは広いからまだいいとしても、1回目がほんとめんどくさいというか
投げがほんとに嫌いなので、超チキン戦法。ずっと走り続けて
チャンスっぽいときだけ、溜め突きから数回切る。

という実にひどい戦法で・・・。


首無しは弾きが有効になるので、ここからは楽ですね。
咆哮は傘を使えばむしろカウンターチャンスになるし。


それでもダメージはひどいのですが・・・。


画像


勝ったけど・・・。勝ったけどボロボロでした。
ほんと苦手だわぁ・・・。

画像


ここは源の水が集まる場所で、しかも濃度が濃い場所。
なので、花が咲いているわけですが
水が流れ落ちる終点でもあるので、滝つぼには貴い餌がありますね。

ヌシ様がここにたどり着くのも、そういう理由からですねぇ。


見た目上とてもそうは見えないエリアですけどね・・・。


画像


猿2戦目。先に水生村に行ってしまえば、ここは無視もできます。
が、攻め力をあげたいので無理やりやります。


猿酒のあるここから攻め込むと、最初のモーション時にぼっこぼこにできるので
1/5くらいは削れます。
そこから咆哮もあるので、カウンター決めれば1/4くらいは開始時に削れますね。


3週目ともなると、増援猿は手裏剣ではかなり削りにくいので
何発かは攻撃を加えないとですね・・・。
ここでも結局逃げ惑う超チキン戦法になっちゃいました。


画像


やれやれです・・・。超苦手ですほんとに。
その後、葦名の底関係以外に移動すると、七面武者が出てくる。

画像


流石に忍殺は無理ですね。
まあ、空中忍殺が唯一はまる相手でもあるので、それを狙うという遊び方もできますね。

画像


まあ、倒すだけなら楽勝ですかね・・・。
猿よりは遥かにいい。

これで、花をゲットしたら忍者軍団が攻めてきちゃうので
御子様盗み聞きをさらにやってみる。

画像


ダメだったorz

ダメじゃんか!なんだよこの詰み状態。
えー、パパに会えないのかよー。


どうしょもないので、花をゲット。

画像


これで天守閣までいかないと、御子様に会えません。
御子様には会えないんだけど、エマだけは自由に行動できる。

ずるくない?君は・・・。

画像


本城がえらいことになってる中で

遊びにきちゃった!

みたいなノリで平然とやってくる。

画像


お酒をがぶがぶ飲ませないとですが、飲ませればイベント発生ですね。
最後の最後、あのボスのことですね。

画像


この理屈でいうと・・・。
隻狼も修羅になる可能性を持っているし、むしろ怨嗟は隻狼の方が多いかもしれない。

みんな大好きエマ。
エマだけは空回りしてそうですけど・・・。

エマだけは生き残る恰好になるので
この物語の語り部なのかもしれませんね。


さあ、天守閣突破でちゃんとエンディングルート確立してくれないと泣いてしまう・・・。
パッチが当たるタイミングなので
正常なのか、パッチのおかげなのかってなりそうですが
いずれにしても、どんな突破の仕方をしても
ちゃんとエンディングルートにたどり着くようにしてほしいもんです。



○今日の気になる事
池袋の事故、あまりにも痛ましいし、会見も開かれ
あんなのもらい泣きしてしまいそうになるほど、すごい辛い・・・。

なのですが

加害者側への辛辣な意見は、あれはあれでどうなんでしょうね。

確かに事故を起こしてしまったのは事実だし
起こしてしまう可能性は高いのかもだけど
だからといって、高齢者だからと決めつけるのはどうなんだろうと。
若い世代だって事故は起こしますからね。

相対的に高齢者が多いという裏返しでもあると思うのですが

被害者も、遺された家族もつらいのはもちろんですが
事故を起こしてしまった当人と、その家族もつらいと思うんですよね。


怒りというか、疑いというか
目線の先は、警察に向かれていたりしますけど
攻撃が最近ほんとに厳しいというか、一斉攻撃くるから
まるで全世界を敵に回したかのような気持ちにもなるでしょうね。

意見を言う人は少数かもですが、意見を言わない人はそもそも届かないわけで
意見をいう少数が、全体の意見のように聞こえてしまいますからね。


ほんとに痛ましい。
色々な意味で。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック