ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS ダークソウル - ダークソウル リマスタード その76 -

<<   作成日時 : 2019/05/17 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

リマスタードだいぶやりましたねぇ。2週目も最後です。

最後はウーラシール。
ウーラシールといえば、ジェレマイアを思い出しますね。
黄色い変態。

特に、あの謎の頭が変態っぷりを加速させていますけど
キノコを模しているというのが、ダクソ3で明らかになりますね。

ジェレマイア自身がウーラシールを探していたかというとそうでもなさそうですが
ダクソ3の黄色い変態は、ウーラシールを探していた人物でしたね。


ダクソ無印の世界において、アルトリウスは伝説の騎士。
そんな4騎士たちの物語を補完したDLCだったので
登場した当時は、ダクソ人気もあって大人気でしたね。


まあ、出待ちパラダイスと化していますが
それを分かったうえで、プレイしている人もいますね。


そのためにも、マヌスとカラミットは倒しちゃだめですね。


ということで、2週目はマヌスおよびカラミットを倒す手前まで進めます。


画像


PS3の時よりも、さらにえぐく、さらに気持ち悪くなったマヌスの左手。
これを見てると、怨嗟の鬼に見えてくるから不思議です。

プレイヤーキャラクターをそのままムービーに登場させる手法は
これはこれで非常にいい演出ですよね。

画像


葦名流一文字斬り。
この尻尾、ムチなのに必要技量が10という珍しいタイプですね。


鞭は、ダクソ2ではほんとに無敵の強さだったんですけどねぇ。
タニムラッシュなんて目じゃないほどに。

無印も3もモーションがどうすることもできないのが・・・。
3は唯一、魔女の黒髪の戦技がぶっ飛んでるので使いやすいのですが
以外がどうにもならん・・・。


キメラはこの尻尾切りをするかどうかで難易度が激変してしまう。
カラミット@ソロもですけどね。


画像


エスト飲もうとすると、問答無用で攻撃してくるので
回復が追い付かないこともしばしば。
パターンをずらされると強敵になりますね。

ソウル量はさすがに少な目ですが、2週目で1.44倍で9万弱ならおいしい。
ザベスさんやチェスターの売り物買い占めにも役立ちます。


そういえば


画像


ここにきて、上の方を見ると
カエルの鳴き声が聞こえるんですよね。

離れると聞こえない。下を見ても聞こえなくなる。


ダークソウル無印、結構やってきたと思うんですが
初めて知った・・・。

画像


ここは、訪れるとフクロウのようなホーホー声が聞こえますよね。
これは知ってるというか、範囲も広いしよくわかる。
ザベスさんと会話する際、じっとしてますからね。


カエルの声は、歩くだけでもびしゃびしゃ音がしてるし
ほんとに気づきにくかった・・・。


画像


こうしてみると、カラミットって小さめ。
ここは、誰でもいいので初めて訪れるとカラミットが来るので
闇霊にイベントつぶされたりしますね・・・。

バモスさんとかもそうだよねぇ。


画像


このコロシアムのような場所は、ダクソ3のアリアンデル絵画世界の地下のようです。
まあ、エレーミアスも似てるんですけど
あれらのベースは、ウーラシールから来てるんでしょうかね。

画像


DLCで一番謎な敵。わんこですけど
不吉犬っていう名前がついています・・・。

どゆこと???


画像


チェスターさんからスナイパーボルト購入。
ちょっと高い。

というか、あの3way薔薇ミサイルください。

画像


各種硬貨。冷静に考えて、銅が一番レアだね・・・。
ペトルスからもらう以外に入手方法がない。

まあ、銀はアノロンだけだし、金だけ3か所からですね。


レンドルやロイドはいいけど、マクロイフ親父って誰。しかもおやじ。


もー、未回収多すぎんよ。


ここまできたので、メンヘラアルトリウスを倒す。

画像


ソウル量はさすがですね。
でも、マヌスやカラミットの方がさらに上です。

アルトリウスは、特大剣で戦うと非常に戦いにくいので
なかなかスリリングになります。
隙が少ないので、回避後の突き攻撃がメインになる。

で、アルトリウスは3連攻撃などありますけど
途中で止めたりもするので確定じゃないのがしんどいところですね。
結果として攻撃チャンスが少な目です。

特大剣だとほんとに攻略しにくい相手なので、むしろ面白い。


画像


チェスターさんはここに出てくること分かってて
さーっと後ろをとっても、バクスタにならないんだよね。
これだけいつも「??」ってなる。

フォースで叩き落すのが一番楽ですね・・・。

画像


シフを煽る。

やるよねー。銀ペンぶっぱやるよねー。

わんこ煽っていくー。

画像


メンヘラ友達に出会う。
キアランは、祈ってないで仇を取りにマヌスと戦えよ。っていうか来いよ。
しかも、残光ブンブンしない舐めプなんだよねぇ。キアランって。


シフと一緒に墓を守ってたんだから、マヌスと戦ってたとしても違和感ないんだけど
役に立たん・・・。


画像


チェスターさんはしょんぼりしております。
まあ、あるわけないよね(笑


画像


ゴーさんは、役立ってくれます。
なぜか排泄物を売るという、とんでもないやつですが
カラミットと戦えるようにしてくれるので、良い人です。


この人、ここにどうやって幽閉されたんでしょうかね・・・?
鍵付きのあの扉、とても通れないけど・・・。


自ら引きこもってたんでしょうか。


ってことで、マヌスとカラミットを除き、エリア踏破完了です。


画像


SL120で止めていますが、2週目なので神の怒りは2枚ですね。
結果的にバランスはよくなったかなぁ。

信仰ブーストしているので、邪教武器を作れば
グウィンなど神族に効果があがるんでしょうけど
まあ、2週目ともなると混沌ツヴァイヘンダーですら、一撃で倒せない敵も多く
どうにもなんないケースは多いですね。

結局めんどくさいので、神の怒りぶっぱで突き進んだ方が速いっていうね。



やっぱり、無印は面白いです。
こう、シンプルにできているので、何度も最初からやり直しても
すぐに元の状態にまで戻ってくることができる。

昔のファミコンのような、セーブとかそういうのがなく
最初から常にやり直しの、あの感覚に近いので
だからこその中毒性がある気がしています。


同じことをやってるはずなのに、楽しい思い出がプレイバックするから
何度やっても、なぜか楽しいんですよねぇ。



壮大で、大容量で、何十時間とかかるゲームもそれはそれでいいんですが
お腹いっぱいになっちゃって、もう1回やろうって気にならない。
う、またあの繰り返しすんのか・・・。とかそういう要素を思い出して避けちゃうんですが

ダクソ無印はそんなことないんだよねぇ。
あっさりだからかなと思います。

オフラインでも十分行けるので、未プレイな方はぜひともやって欲しいなぁ。



さああとは、制裁しに来てくれることを祈るばかりですが・・・。
こればっかりはねぇ。



○今日の気になる事
ファーウェイショックは、どうなるんでしょう。
これ、世界的に結構なインパクトじゃないですかね。

アメリカの言い分はそれっぽいことを言ってるものの
はぁ?っていう内容も多い。

だけど、それを押し通せるわけで
なんだかんだいって、百戦錬磨なんですよね。


アメリカの製品は品質も高いし、世界で大人気なはず。
だって世界経済のトップを走るわけですからね。
にも拘わらず貿易赤字が激しいわけで、一人負けしてる状況です。
ってことは、絶対に他の国が悪さをしているからだ!
っていう理屈です。


中国は対抗策として、まず豚肉など精肉をアメリカから輸入中止しました。
日本もですが、中国でも豚肉消費はかなりのものです。
伝統料理なども豚肉中心ですからね。

消費量が高い国(人口も多いですからね)から中止ってなると
精肉業界はかなりのインパクトになると思われます。


やはり、板挟みなのは日本ですね・・・。

どちらに勝利をもたらすのか
それとも、どちらの国も敵に回すのか
はたまた、二国間をつなぐ橋渡しになるのか


日本の戦略が肝になってきました。

アメリカは、お前ら言うこと聞かないと車輸出制限しちゃうよ?
って言ってきているし(日本の輸出品は車で持っているようなものです)
保障問題や朝鮮半島の緊張など、軍事的な要素でもアメリカとの共同は重要です。

中国はここ最近、非常に親密に接近してきており、友好関係を築いています。
以前にも書いていますけど
2位と3位がタッグを組めば、1位と戦える可能性を秘めています。
中国・日本の力あれば、アジア諸国をまとめ上げることだってできてしまうでしょう。
そうなれば絶対に無視できない一大勢力にだってなり得るし
EUのような共同体になれば、世界の中心にだってなり得る。


間違いなく、大きな岐路に立たされてますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダークソウル - ダークソウル リマスタード その76 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる