オフゲ - ボーダーランズ3 その23 -

終盤戦に向けて最終準備みたいな感じですね。ストーリーもいよいよクライマックスに。

ストーリー自体は悪くないし、システムなども洗練されたと思うんですけど
ボダラン2があまりにも有名なので、その差が結構あるかもですね。
(ボダラン2はマヤやゼロたちが活躍したシリーズ、2012年で最も売れたゲームです)

20191211231149.jpg

ローランドのことを書いていますが
クリムゾン・レイダースを指揮していたのが、このローランド。

こうしてサインなどを残しているのは、クリムゾン・レイダースの面々ですね。


これは特に2をプレイしていると意味が分かる。


最後はCOVと決着をつけるのですが
そこに至るまでにタレットが奪われており、先に進めないため
実験施設に訪れて突破するためにアイテムをゲットします。

20191211231610.jpg

ここも広いなしかし・・・。
タニスに関する話が展開されますが
2で明らかになったエンジェルについてもここである程度知ることができます。

テレパシーを使って会話するのは、エンジェルが使っていた能力ですね。
(実際はセイレーンであれば使えるようですが)

20191211234352.jpg

ヴェロニカもだいぶ完成してきました。

20191214105316.jpg

タニスの行動がだんだんおかしくなってきています。
今作のヒロイン枠でしょうか・・・?

20191214111212.jpg

道中に伝説モンスターがいるので、これは満たしやすくて楽ですね。

20191214111648.jpg

首だけロボット。
寄り道コースですけど、ここではタイフォンの話をログではなく
サイドクエストとして確認することができます。

20191214113434.jpg

冒険ロボットのようでしたね。
ここは遺跡のような場所なのですが、特にヴォルト関係のものはなし。

20191214114137.jpg

殺戮ショーが始まってしまった。
マルチプレイで参加可能なやつの一つなのかな?
まあソロで対応してましたが・・・。

20191214130745.jpg

こんなのもらえた。
そろそろカンストすると思うので、武器類もMAXに近づいてそうですね。
スコア500もちらほら見かけるように。

20191214132332.jpg

タイフォンログー!
お金はグレネードMODで集めるより、アイテムを売る方が効率あがってきましたね。

20191214132516.jpg

ここはタニスの実験施設だったようですが

20191214132636.jpg

ハンサムジャックのことですね。
つまり、この先はエンジェルの話が展開されますが
ボダラン2で何が起きたのか、ここではっきりとわかるようになっています。
2をプレイした人へのご褒美かもですね。

20191214132830.jpg

エンジェルが描いた絵なんでしょうかね?
3しか知らないと、タニス=エンジェルと考えちゃいそうですけど
二人は別人。

20191214133733.jpg

エンジェルとジャック、そして奥さんのことの顛末がここで明らかに。
すごいネタバレです。

こんだけすごいネタバレをしているのに
やりたいことは水を出すこと。

なんで・・・。

20191214135709.jpg

血の報復ぅぅーーー!!!

増幅装置を持って帰るシーンですが
ビークル移動でなかなか楽しいシーンです。

ヴォーンが後ろで大騒ぎしてくれる。

20191214140646.jpg

エンジェルの秘密を発見した結果が
ウォータースライダーだと・・・?

20191214141551.jpg

お、こちらは12/20リリースの有料DLCですね。
モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦。

シーズンパス対象なので、私はこちらそのまま利用できます。
早くメインクエスト終わりにしないとねー。

もちろん、ここでいうハンサムジャックは
上記で書いているハンサムジャックのことです。

20191214141623.jpg

スロットの値段がやべぇ・・・。
Lvに合わせて値段あがるからやばいですねぇ。


ようやくここまで来ました。
グレートヴォルトです。

あと少し。あと少しっぽいですけど


エリディアン文字も残ってるし
完全制覇まではまだまだ時間かかりそうです。


予想以上に楽しめてます。
年内いっぱいかなーくらいに思ってたんですが
いやいや、まだまだいけますね。


○今日の気になる事
今年のGOTYはSEKIRO!おめでとうございます。

日本発のゲームとしては久しぶりじゃないでしょうか。

いやー、これは想定してはいましたけど
現実になると、なかなか感慨深いですね。


とんでもないRTAなども出てくるなど盛り上がったSEKIRO。
しかも、これのすごいところは、オフラインゲームであるってこと。

DLCもないので課金云々というところからも離れているし
今時のゲームとしては、古臭いといえば古臭いシステムを採用して
それでも世界に受け入れられたってすごいもんですね。


周回プレイも自然とやらないとだし
難易度もかなり高いのに、さらに高い難易度も選べるし
テクニックでどうにかするしかないゲームなので
そういう意味ではすごく人を選ぶ。

不思議なゲームでもありましたね。


ほかにも、DMC5やスマブラ、ファイアーエムブレムなど
日本勢が結構ありました。
元気がない日本ゲーム業界ですけど
この結果は、まだまだいけるんだねー。って感じますね。


受賞するしないは置いといても、2019年は面白いゲーム多かったと思うし
これからも盛り上がってくれるといいですよねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント