オンライン - デッドバイデイライト その106 -

学術書Lv3もやっと終盤に差し掛かっています。

サバイバーもキラーも、学術書達成のために行動している(と思う)。
ので、常に本気モードではありますね。

特にキラーの場合は、何としても全滅させろとか
そういう類がチャレンジとして定義されているし
地下に3人吊れとかもあるので、地下ニバルなどサバイバーに受けが悪いものも。


実力が拮抗している場合、どうしてもぶつかり合いになるから
キラーが何としても全滅させたいってなると
キャンプなりトンネルを狙うってのもあるので
ある程度学術書が落ち着くまでは、みんな本気モードですね。


お互い、諸事情あるよね。


と、考えていかないと
なかなかイラッとすることもあるので
事情わからんことをいいことに、都合いい方に解釈してしまえ!


20200601201949.jpg

プレイすればするほど、EXPゲットからの欠片ゲットで
結構あがるもんなんですよね。

ティア39まで来ました。
半分を過ぎて、木村結衣の衣装もゲット。
上枠は、なんでフェンミンと凛ちゃんなんでしょうか・・・。


20200601211038.jpg

金エンブレム20個終了です。
ランクは3になってますね・・・。いやー。きつい。
平日は結構きついですね。

パーティーが多いんですよ。
パーティーは別にいいんだけど、なんでしょうね。
見捨てられるんですよね。

どう考えても間に合うのに、救助には来ないし
他の人が吊られてるときは、そっち最優先だしわけわからんのよね。
初吊から処刑まで放置はやばいって。
流石につらい・・・。


20200601211131.jpg

後半戦になってきました。
次は共同作業を240秒なので、基本は発電機修理。
あとは治療が該当するでしょうか。
ドワイトのパークが活きるチャレンジですね。


20200601230200.jpg

こちらは結構簡単でした。
サバイバー2人以上同じ場所からスタートって結構あるし
そこで発電機を直すケースも多いので、最初に条件を満たしやすい。

後半戦になると運要素がでかいですけど
やれなくはないですね。

20200601230306.jpg

欠片多めにもらえるので、リフトも上がりやすい。
ゴールすれば10(必ずティア1上がる)ですからね。

この次のページまでいけば、ようやくケイトの衣装が出てくるはず。

20200601230314.jpg

共通ルートで進めてきて、ゴールまで残り2つまできました。
1つは、300秒キラーから逃げる。
これはチェイスすれば追加されるだろから、増えないケースはそんなにないかな?

今は見なくなりましたが
放置キラーでも満たせますからねこれ。

もうひとつは、発電機5個を1秒以上直せってやつですね。
1秒直しては移動して。を繰り返す感じですかねぇ・・・。
破滅あったら速攻で打ち消されてそう(笑


発電機は8個あるので
5個いじくったらすぐに他を直し始めればいいだろうから
闇の五感なんかよりもチャンスは多いよね。


埋まっていないものもたくさんあるので
サバイバーまだまだやらないとですが、そろそろBPもいい数字なんですよね。


キラーかぁ・・・。
学術書1か2を考えると、トラッパー・ドクター・凛ちゃん
を育てておくのがいいと思うんですよね。
3人とも実力派のキラーですよね。

特にリワークされたドクターはほんとに強い(そして嫌われる)
凛ちゃんも高速移動があるので、ほんとに強いですよね。
走り続けて逃げ切れる相手じゃないし。

そしてトラッパー。

うーん・・・。


ドクターは索敵はすごいんだけど、問題は単体しか攻撃できないのと
肝心のチェイスに難があるんですよね。
電撃で血の渇望が消えるので、板や窓付近をうまく活用すると
いつまでも逃げることもできてしまう。
これが難しいとされている理由なんでしょうね。
だから、トンネルしてでも頭数を減らす行動に出やすい。

場所把握はできても、走り回ることを抑止できるわけじゃないので
これが分かってるサバイバーは、チェイス時間も長いですよね。



凛ちゃんも難しいという評価ですね。
高速移動は確かに魅力ですけど、姿が見えなくなるので
音と血痕を活用するしかなくなる。
もしくは、ナースと同じで移動先を予測することですね。

これらができるようにならないと、非常に探索が難しくなるので
普段チェイスでサバイバーを見失うようであれば、凛ちゃんはつらいでしょうね。



ってなるとトラッパーかぁ・・・。
DbDの主役ともいえるトラッパー。表紙の画像はトラッパーですからね。
使わないなんてダメなんでしょうね。看板キラーですから。

トラッパー練習してみようかなぁ。



○今日の気になる事
PS4もですけど、PCエンジンミニも定期的に動かしています。

名作シューティングが揃っているので
これがすごいんですよね。
半分くらいはシューティングゲームです。

特に名作というか、この3つをやってみて
どれも面白く感じなければ、シューティングゲームは合わない。
と言われるような、入門シューティングが揃っています。(いずれも横シューティング)

R-Type
ダライアス
グラディウス

の3つですね。PCエンジンミニには
R-Type(のうち4面までのやつ)
Superダライアス
グラディウス・グラディウスII
がラインナップされています。

他にも、ドラゴンスピリットだとかもあるし
スペースハリアーなどもあったりと
妙にシューティングゲームが揃ってます。


そんな中、天外魔境II 卍MARUを入れてくる。
まあ、PCエンジンといえば。という代名詞的ゲームでもあるので
入っていないなんてのはむしろ論外なのですが
個人的には、こうした名作はどんどん残してもらいたいですね。


PS2版だったり、PCエンジンアーカイブスだったり、3DSだったり
色々と移植もされているのですが
PCエンジンミニには、問題作でもある初版のPCエンジン版が搭載されています。

表現の問題で、他のシリーズは演出などが変更されていたりするのですが
PCエンジンミニは、変更前の状態になってますね。
よく踏み切ったな・・・。って感じですが

IIなので、もちろんナンバリングは何個かあります。


初版のZIRIAはPCエンジンにもありますけど
こちらはリメイク版がXbox360にあります。(天外魔境ZIRIA 遥かなるジパング)
これがすごくいい出来なんですよ。個人的には一押しです。
あまりにも勿体ないんだよねぇ・・・。

そして散々出す出すといい続け、SuperCD-ROM2でも出ず
その後のPC-FXでも出ず、最終的にPS2に出てきたという、天外魔境III NAMIDA
いやぁ・・・。これでようやく全国制覇することになるのですが
(ZIRIAは関東、卍MARUは関西、NAMIDAは九州)
NAMIDAはほんとに話題にならんかったね・・・。

あまりにも長すぎた。待たされすぎた。


PCエンジン自体、遊んでいた人が多かったかっていうと
そうでもないと思うんですけど・・・。
こういう名作は、ほんとに残していきたい。

今やるとシャギーだの結構きついですが
それでも大ボリュームなのは相変わらず。

当時のRPGってプレイしても30時間もあればやりこみ含めて終わるんですが
天外魔境IIは60時間以上軽く費やすので、今時のRPGにも負けず劣らずのボリュームです。

日本各国をめぐりつつ、いろんなイベントも盛り込まれているのと
そうしたイベントやボス戦に力を入れているので
雑魚戦はかなりシンプルに、簡単になるようにストレスフルを意識しています。
こうした配慮がなされているゲームバランスなので
ついついやっちゃうんですよね。

まあ、敵の城内のエンカウント率とかは何とかしてほしいですけど・・・。

ミニシリーズはたくさんあるのと
名作ぞろいなのは確かなので、やったことない方も遊んでみると
新しい発見があるかもしれませんね。

天外魔境は、ハードもだし、その後の移植もだし
多くの人の目に触れるチャンスの少なかった、隠れた名作。
やってみてもらいたいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント