テーマ:プラモデル

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その18 -

2か月も経ってしまった・・・。何とか戻ってきた。 いやーーーーーーー、FF7Rとかやりたいのもあったけど 土日しか基本出来ないのですが、天気がずっと悪かった。 コロナの影響で家にいる人達も多く、塗装はなんだかんだでにおいがね。 有毒ガスですからね。これ。 なるたけ自粛をしていたのですが、ようやく天気がよくなり それな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - ハロプラ ハローキティ✕ハロ -

アニバーサリーエディションです。和解した結果のひとつがこちら。 ガンダム40周年を記念して、サンリオの代表であるハローキティとコラボしたものですね。 昨年話題になりましたねぇ。 ガンダム初放映は1979年ですので、今年で41周年だからちょっとずれていますけど 年末に、アムロ・レイとキティちゃんが和解した動画が上がっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その17 -

ようやく塗装前の1回目マスキング終わりです。やばいなこれ・・・。 ホイルシールもついてくるんですけど、中途半端な量なんですよね。 これを完璧に用意してくれるんであれば、シールでフィニッシュでもいいんじゃないかなと。 SDガンダム作ってる中で、ホイルシールがかなり伸びるっていうのを理解したので この伸び率であれば、段差もか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その16 -

だいぶさぼり気味ですけど、ちょっとずつ進めています。 脚周りが終われば、あとは腰部分だけなので ようやく塗装に向けた下準備が終わりそうです。 冬なので湿度も低く、気温はその割に高めなので 絶好のチャンスではあるんですけどね。なかなか行きつかない・・・。 なので、トップコートにチャレンジしたい! という方がいれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その15 -

今度は足周りのマスキング。今回色分け激しいので塗装も何段階か分けないといけない。 SDガンダムとは別に、最近だとフィギュアのようなガンプラがありますが よくあるのは、目などをデカールで貼って表現するタイプなんですが 今のは多層構造で、複数の色プラを重ね合わせて表現するという、かなり化け物じみた技術で用意されてる。 結晶輝羅鋼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その14 -

すごい久しぶりになっちゃいましたが、マスキング続きです。 量がね多いんだよねどうしてもね。 SDガンダムなので、根本的に小さいですけど 武者だったり、騎士だったり、情報量がとてつもなく多いシリーズでSDになると 冷静に考えて、これすごいディティールだよね・・・。っていうものがほんとに多い。 子供向けと思ってると痛い目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その13 -

塗装編になりました。が、まず最初にやるのは厄介なマスキングです。 このマスキングをするためにスジ彫りを深めにしています。 あらかじめカットされているマスキングテープもありますが これにきれいにはまる形状の方がむしろ珍しいので (丸いやつとかは逆にはまるんですけどね) カットすることが大前提になります。 マスキングは大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その12 -

コツコツ裏ではやってましたが、1か月ぶりくらいになってしまった。 最後は武器である、扇の処理だったんですけど これが思いのほかしんどくて、せっせとスジ彫りしてたものの なかなか進捗があがらず・・・。 スジ彫りがそもそも苦手なので、この細かさを彫り上げていくのは難易度高い。 これ大変ですほんとに・・・。 しかも、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その11 -

なんとか年内には滑り込みたいですが・・・。最後の難関扇を処理中。 何がやばいかというと、スジ彫りがやばい。 スジ彫りはなんでやってるかというと、色分け用です。 なので、必然的にマスキングも発生しますね。 これほんとにやばいですね・・・。 模様部分は絶対にエアブラシなんて想像もつかないので ここはクリアで保護し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その10 -

かなり久しぶりになってしまいましたが・・・。スジ彫り中。 そろそろ別のプラモデルにもはいりたいので なんとか年内にはこちら終わりにしたいですね。 塗装編が絶対やばいのですが・・・。その際たる部分が、扇部分。 これです。これがほんとにやばいです・・・。 扇なので手に持つあたりが蝶番のようになっていますけど 複雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その9 -

時間が空いてしまいましたが、やっと続き残り肩と武器だけです。 肩パーツはキュベレイの特徴的部分の一つですね。 バインダーの役割を果たすようですが、横幅が非常に大きくなるので ゲームなどでは当たり判定がでかくなって、操作難易度が高い傾向に。 ダッシュして変形などすると、このバインダーが変形するので まるで弾丸のような流線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その8 -

継ぎ目消しの他、腕や脚を処理中。というかスジ彫り祭り。 もちろん覚悟してた結果ですが 集中力もですけど、握力が持たなくなってくる・・・。 こういうのをお仕事にされている人もいると思いますが(彫刻とかね) 握力すごそう・・・。集中力も絶対やばいと思うんですよね。 体をじーっとさせて集中すると、猛烈に痛くなるじゃないですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その7 -

続いて胴体。色分け箇所が大量なのでスジ彫りも大量です。 ほぼ全スジを彫るような勢いでやらないといけない胴体。 なかなか難関なパーツです。たった4パーツしかないのに。 キュベレイ自体はコクピットとエネルギーチューブがあるくらいで 胴体自体はそんなに複雑化していません。 胸部分とお腹部分は独立系パーツで仕上がってま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その6 -

ようやく今回のメインを作っていきます。塗装+デコですね。 今も流行ってるのかはよくわかりませんけど、デコレーションといえばスワロフスキー。 特殊なカットが施されているので、非常に綺麗な輝きを持ちます。 スマホカバーだったり、ネイルだったり 色々なものにくっつけることの多いスワロフスキー。 デコをするための定番中の定番で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その5 -

ようやくタイトルのものを作ります。まずは何が必要なのかチェックするため素組です。 仮組みでもいいのですが、シールを貼るのと パーツ的には殆ど数がないので、仮組みも何もないんですよね・・・。 価格的にも2個3個購入してチェックの方がいいかなぁ。 バンダイさんへの貢献ということで・・・。 バウとズサで感じるというか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その4 -

ズサを完成させます。というか、ほんとにかっこいい・・・。 全体としてモデルのズサとだいぶ違うのですが (どちらかというと、ドライセンの方が近い) これはこれでほんとにいいですね。 なお、リアルタイプのズサも肩などのミサイルパーツは外せるので そのあたりはよく似ていますね。 後ろのバックパック+ミサイルがズサはかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その3 -

続いてズサです。袁術ズサ。あまりにもかっこよすぎる。 シルバーとゴールドでデザインされている中で さらにミッドナイトブルー系の暗い青。悪そうな組み合わせですけど、豪華な形状です。 ズサ自体は機動戦士ガンダムZZに登場するのですが、殆ど画面に登場することがない。 6話でズサの脅威として登場しますが、それくらいです。 ガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その2 -

まずはバウを完成させます。トップコートは全部まとめてですね。 シールだけだと完成度はどうしても下がりますが なかなか存在感のあるものにはなりますね。 ここに、墨入れを施してあげると、より際立ってくる。 更なる完成度を求めるために、塗装をするもよし、遊ぶためにトップコートで済ますもよし 選択肢がある人は、考えればいいでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - BB戦士 貂蝉キュベレイほか その1 -

気分転換にSDガンダムを作っていきます。 今回はSDガンダムの中でも、三国伝シリーズ。 割と最新に近い方ですけどその中で最後のラインナップになってるキュベレイです。 気分転換がてらに何かないかなーと眺めていて 丁度最初に登場したので、これにしよう。という割といい加減に決めています。 こちらですね。 キュベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その40 -

組み立て工程も最後です。やっと最後です。 長かったEx-S作りもこれで最後です。結局4か月以上かかっちゃった・・・。 まあ週末モデラーってそんなもんです。 MGとかPGとかだと特にねぇ。 ということで、残るは腕周り。 プロペラントタンクもありますけどね。 これが終われば後は武器です。 変形機構が組み込まれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その39 -

組み立て続きです。PG並のパーツ数なので組み立ても一苦労です。 これで一発抜きパーツが少なかったらと思うと やっぱりやべーですね。 この、ある程度の一発抜き状態だからこそ、早く終わるのと 強度の問題が出てくるので、細かすぎるというのも問題です。 Sガンダムは変形もあるので、強度とクリアランス(隙間のこと)を考えると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その38 -

最後は組み立てです。一番ワクワクしますが一番緊張する。 さらに、メタルパーツも組み込みながら組み立てとなるので かなり時間はかかるほうです。 塗装した表面を傷つけないように慎重に処理をしていくので 結構神経使うし、メタルパーツセット自体時間かかるので 楽しい工程ではあるんですが、一番疲れる工程ですね。 4か月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その37 -

トップコート2回目なのですが、トラブル発生・・・。 コンプレッサーが熱暴走してるのか、全然エアーがでてこず しょうがないので少し休ませてる間、まさかのスプレー缶を使うことに。 いやぁ・・・。まさかのだなー。 できなくはないです。ただどばーっとなるし、泡だらけになるので ほんとに難しいんですよね。 スプレー缶でうま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その36 -

塗装最後はトップコート。どんな場合でも吹いたほうがいいですね。 トップコートはスプレー缶なども売っているので、エアブラシなくても可能です。 まあ色系の缶もありますけどね。 トップコートには、光沢・半光沢・艶消しの3種類ありますけど いずれも共通の目的があります。 ①すべての艶を統一させる。 ②表面を保護する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その35 -

続いてはメインのクリア。どっばどば厚塗りです。 これでもかと厚塗りにするので、通常塗装では絶対にやらないですね。 触れるようになるまでも普段より時間がかかります。 表面がある程度乾燥するのに、1時間くらいは見ときたいですね。 それでも1回の塗布では段差が曖昧にはならないので、最低でも2回 必要に応じて3回、4回と重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その34 -

いよいよフィニッシュに向けての作業です。まずは研ぎ出し用クリア。 正確には艶消しの場合は、研ぎ出しというよりは デカールと接地面との境界線を曖昧にしておくと、最後艶消しトップコートで境界線が相当甘くなるので あまり削らずとも境界線が消える。一般的な研ぎ出しよりは楽な方です。 艶消しトップコートはフラットベースが入ってるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その33 -

デカール貼りの続きです。なんとしても終わらせる。 デカール自体は旧版Sガンダム(Ex-S)を元にしているので 新版と異なる部分については、微妙にサイズが合わない・・・。 インコムのデカールが微妙にあわないんですよね。 とりあえず、どんどん貼っていきます。 説明書でいうと、右側なので側面とか武器、Gコアが対象です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その32 -

続いてはデカール貼りです。このために別に購入してきました。 ここではデカール=水転写式デカールのことを指しています。 で、デフォルトで封入されていたものはシールなんですよね。 いやー。シールだけはダメだ。無理すぎる。 分厚すぎるのでかなり分厚くクリアを吹かないと研ぎ出しできないので もうこれだとクリアのお化けになっちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その31 -

苦手すぎる墨入れをしていきます。汚れをまき散らしてるようにしか思えない・・・。 綿棒でもフィニッシュマスターでも、汚れというか不要部分を溶かしていくのはいいとして それを拭うのは綿棒やフィニッシュマスターのお仕事。 ってことは、これらに汚れが蓄積されていくから、これが表面に漏れだして 結果的に汚れがどんどん広がっていくんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデル - MG Ex-S その30 -

数日分なのですが、メタルカラー系を塗布していきます。 メタル系の色を塗布する場合には、色々な方法があります。 ①市販のメタルカラー系をそのまま塗る ②シルバー系を塗った後、クリアを塗る。 ③シルバー系を塗った後、濃度の違うクリアを塗り重ねる。(キャンディ塗装) ④シルバー系に他の色を混ぜたのち、クリアを塗る。 ⑤下地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more