ゆあ式

アクセスカウンタ

zoom RSS 閑話休題 - 買い物その2 -

<<   作成日時 : 2017/08/12 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私ほど外に出たがらない人も珍しいかも?自分のことすらも嫌がるほど。

だってめんどくさいんだもーん。
とにかくめんどくさいという意識が強いので、出たくない。

なので、通販最強ですね。
通販いいわぁ・・・。ほんとに楽な時代になったもんです。


でも、どうしても目で見て、手に取って購入したいものもあるので
それだけは我慢して出かける。


洋服類。こればかりは身に着けてみたりしないとサイズ合うかわからない。
靴。これも身に着けないとダメ。合わない靴ほど最悪なものはない。
眼鏡。これもそうですね。

結局、身に着けるもの関係は、よほどサイズどうでもよくない限りは
現地で確認しないとダメですね。


現地で確認して、その後通販という荒業もあるようですが
もう外に出たんだから、その場で買いますよ。それこそめんどくさい。


商品の値段とか全く見ないで購入するので
あっちのが安いとか、そういう感覚ゼロ。
値段とかどうでもいい。そのものが手に入るかどうかが重要。



あとは、これも現地で絶対に見たい。
PCパーツ。

これも、通販では買わないんですよね。


実物を手にして、確認してから買いたい。
前回のサーバーも、現地で実物を見て、重たい思いして持って帰ってきました。


ケースも直接見たいし、CPUも見てみて、あっちのがいいなーとかこっちがいいなーとか
色々悩んだりできるんですよね。

マザーボードも数種類あるから、狙ったもの以外でも
ああこっちもいよなぁ・・・。とか始まる。

ファンの色だの、なんだの
結構狙っていたものより、良い物があったりするんだよねぇ。



PCは一度くみ上げたら、細かく調整とかしないので
(安定したPCほど、開けないですからね)
最初に全部しっかり決めちゃいたいから
数あるパーツの中から、しっかりと吟味したい。

ってなると、直接見に行った方がいいんですよね。



まあ、またパソコン作るわけではないのですが
今回はPS4 Pro用パーツを買う。

もう、一度決めたら突っ走る。
そして、こういうタイミングしか、外にでない!


およそ一か月後くらいですけどね。
さっさと購入して準備しちゃう。

必要なのは、SSHDと縦置きスタンド。あとはUSBメモリくらいですかね。


SSHDは2TBのもの。
縦置きは、最新モデル用の純正品にすることに。
USBメモリは、再インストール用のデータを確保するためのもの。
876MB程度あるので、最低1GBあれば問題ないですね。

まあ、せっかくなのでUSB3.0対応のものを買うことに。

重要なのは、SSHD

キャッシュつきHDDってよく考えれば贅沢だねぇ。


画像


こちら戦利品。

昔からSeaGateをずっと使い続けてきたので
今回もSeaGateのFireCubeを購入。

っていうか、SSHDってSeaGateくらいしかない気がする。


右にあるやつは、純正品の縦置きスタンド。
スタンドは、純正品がいいかなぁ・・・。色々コントローラー置き場とかありますけど
ごついのは要らない。


SSHDは、デスクトップ用に使うのはありじゃないかな。
SSDって、壊れるとき、何の前触れもなくいきなり死ぬので
これが恐怖なんですよね・・・。

なので、SSD部分は絶対に定期バックアップをして
いつ死んでもいいようにしてあります。


ってなると、理想的なのは
OSマウント用にSSDを使うっていうのが定番になってくるので
あまり容量も増やせないし、そもそも高いし。

だけど、ゲームなどスピードが欲しいものに、SSD使いたいって思いますよね。


そこで、ハイブリッド(というか、キャッシュ機能を持たせた)HDDである
SSHDが候補になりますね。


外部ストレージ、あれこれ仕事などで使っていますが


通常の磁気ディスクで構成された、NetApp製品だったり
オールフラッシュのXtremIOだったり使ってるんですが

オールフラッシュは、確かに速いんですけど
キャッシュ機能としてSSDを使っているNetAppも、決して遅くないんですよね。


一番遅くなるというか、負荷が高いのは重複排除をしているときなので
これはさすがにシェルフ側の速度に依存しますけど

普通のサーバーなどとのやり取りであれば、NetAppもXtremIOもそんなに差がない。
IOPSの上限さえ来なければ、十分速いんだよね。


この違いのなさは、キャッシュによるもの。
なので、オールフラッシュで早いっすよ!
っていうのは、そりゃ感覚的にはそうかもなんですけど
キャッシュをどうするかとか、細かく見てあげれば、十分耐えられる。

しかもHDDのほうが安いし、大容量にだってできるわけで。


当然、IOPS上限は、オールフラッシュのほうが圧倒的ですけど
家庭用で必要なIOPSではないですからね・・・。


このキャッシュ機能ってのが重要です。


じゃあ、家庭用にってことだと
SATA3とか選んでいけばいいのですが、最終的にはディスクIOがボトルネックになるので
IOを早める技術を取り込みたいわけですよね。

オールフラッシュにしてしまえば、そりゃ早いんですけど
今時のゲームのディスク消費量は年々増えてるので
SSDに全部載せるっていうのは無理がある。

でも、速度も維持したい。

だから、キャッシュ機能を持たせればいいじゃん。
っていう発想がSSHDなので、良い視点だよなー。って思ってます。



ただ、PCゲームの場合、ディスク読みに行くって少ない。
これは、大容量メモリにデータをキャッシュさせてしまえばいいから。
メインメモリが32Gbとか64GBとかあれば、十分ですからねぇ。


だから、PCだと初回起動以外では、そんなに目立たないんですが
PS4だとそうはいかない。


PS4って、メインメモリ8GBです。
意外と少ない印象があります。

なので、ディスクへの読み込みがどうしても増える傾向にあるので
より速度を上げるんであれば、ディスク側のIOPSを押し上げてあげたい。
っていう結論になるんですよね。


なので、SSDかSSHDっていう選択肢になる。

でも、PS4もデータ量バカにならんので
大容量にもしたい。
どっちつかずだよねぇ。どちらかを犠牲にしないとだめ。

PCなら最悪は何連装にもすれば、いくらでも増やせますけど
PS4だと、1スロットしかないので、1本で大容量にせざるを得ない。


なので、机上ではSSHDがPS4における最適解じゃないかな。


画像


5倍も速いって書いてあるのは、よくわかりませんけど
キャッシュ有無は、確かに圧倒的に違うのと
SSDと喧嘩もできるのは確かですね。
この辺は実体験で理解してる。


IOが大量発生しちゃうと、SSDに軍配あがりますが
そんなに発生しなければ、SSHDもSSDと同様、フラッシュ上だけで処理されていくので
速度に差がでないですからね。


家庭用で求められるIOPSなんて、大した数字じゃないから
ストレージコントローラーなんて仰々しいものじゃなく、キャッシュ機能付きHDDってだけでも
十分賄えそうな気がしますね。


もし、PS4 Pro+的な、ある程度改造できるものができるなら
メモリ増設と、ディスクもう1本実装できるくらいになれば
幅が広がるかもしれませんね。


パーティションわけとかしたくないから
1本のみって話なのかもですけども。


まあ、とはいっても、PS4って5万円しないんですからねぇ。
CPUにGPU考えただけでも、PS4は十分格安PCですからね。
贅沢な悩みといえば悩みなのかもしれません。



○今日の気になる事
天気悪い。なんでしょうね。梅雨ですかね。

8月に入って、日照時間極端に少ないと思うんだよね。
これはこれで不安材料ですけど

雨多すぎる。ざーざーではないですけど、晴れない。
これはちょっと嫌ですね。


8月って、雨降らないわけじゃないですけど
こんなに雨ってことないですよね。

なんなんですかね。この雨はほんとに。


多少涼しいのはうれしいですけど
暑いときは暑くなってくれないと、体もついていかない。


よろしくないですねぇ。
これで急激に暑くなったら、間違いなく体おかしくなる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
閑話休題 - 買い物その2 - ゆあ式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる